なぽのホームページ
ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

トップページに戻る 新潟県のお城 日本100名城・続日本100名城
高田城
●地図・アクセス● 新潟県上越市本城町 2018/4/30更新(訪問日 2007/7/7、2010/4/17、2018/4/28)
◆概要◆
1610年に福島城主・堀忠俊が家老同士の騒乱により改易されると、徳川家康の六男・松平忠輝が越後の主となりました。 福島城は完成して10年に満たない城でしたが、海辺に近く「波の音がうるさい」ということで、内陸部の高田に天下普請により高田城を築きました。 縄張りと工事の総監督は松平忠輝の舅・伊達政宗が行いました。 関川、青田川の両河川を外堀として利用し、石垣は築かれませんでした。 天守は無く、三階櫓を天守の代用としていました。 当初の高田藩は加賀藩を監視する重要な役目がありましたが、松平忠輝の改易や越後騒動、親藩、譜代大名の懲罰的な転封が重なり、高田藩のイメージが悪くなりました。 明治以降は陸軍の駐屯地として土塁の撤去、堀の埋立てが行われ、東半分は旧状をとどめていません。 西半分には堀、土塁の一部が残されており、現在は高田公園として整備されています。 陸軍の入城時に3000本を超す桜が植えられ、日本三大夜桜のひとつに数えられています。

◆続日本100名城スタンプ設置場所◆
高田城三重櫓管理棟(三重櫓入口前にあります)
開館時間  9時〜17時
休館日  月曜日(月曜日が休日の場合はその翌日)、休日の翌日、12月29日〜1月3日
入館料  一般300円、小学生〜高校生150円(市内の学校に通う小中学生は無料)

西側から見た三階櫓

南側から見た三階櫓

高田公園は桜の名所です

案内図

本丸の南に架かる極楽橋

本丸の図(拡大表示)

本丸中心部は学校があります

本丸南側の堀

本丸に入って右側の土塁

三階櫓を入口下から見上げた所

トップページに戻る 新潟県のお城 日本100名城・続日本100名城