ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

WWW を検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 奈良県
柳生城
2012/5/23記
(2011/8/5訪問)

城址碑
●概要●
柳生城は築城年は定かではないが、柳生氏の祖・播磨守永珍により築かれたと考えられている。永珍は後醍醐天皇に呼応して1331年に六波羅探題の北条仲時と戦い、この時の功により柳生の地を拝領したとされる。柳生氏は簀川氏を中心とする山中諸氏とともに筒井順昭と争ったが、1544年に破れて筒井氏の軍門に降った。だが、1559年に松永久秀が大和に侵攻すると寝返り、柳生宗厳は筒井順慶との戦いで活躍した。だが、松永久秀が織田信長に謀反を起こした頃からは十市氏とともに独立状態を保ち、筒井順慶にも従わなかった。だが、1585年に羽柴秀長が大和に入国して実施された太閤検地で隠し田が露見したため所領を没収され、近衛前久の食客となった。宗厳はは1594年に徳川家康に招かれて無刀取りの技を披露し、剣術指南役として仕えるよう請われたが、高齢を理由に断った。その代わりに5男・宗矩を推挙したという。宗矩は1600年の関ヶ原の戦いでの戦功により柳生の旧領を回復し、柳生城の麓に柳生陣屋を構えた。城跡には空堀や土塁などが残っており、新陰流の正木坂道場や柳生氏の菩提寺である芳徳禅寺ももとは柳生城の曲輪であった。

●歴史●
南北朝時代 柳生氏の祖・播磨守永珍により築かれたと考えられる。
1544(天文13)年 筒井順昭に攻められ落城したと考えられる。
1585(天正13)年 隠し田が露見し、柳生宗厳は所領を没収される。


芳徳禅寺

空堀

●地図● 奈良市柳生町

大きな地図で 奈良県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 奈良県