ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 奈良県
十市城
2011/10/9
(2011/8/3訪問)

城址碑
●概要●
 大和国では大名ではなく興福寺が守護職にあった。興福寺は荘園を在地の武士に経営させたが、後に彼らは衆徒・国民と呼ばれるようになった。衆徒は興福寺に属する僧であり、代表的な存在が筒井氏・古市氏であった。一方、国民は春日大社から任じられた末社の神主であり、代表的な存在が越智氏・十市氏であった。 彼らは大和四家と呼ばれ、大和を代表する国人衆であった。彼らは時に反目し、時に手を組み、一致団結して外敵と戦うなどしてきた。彼らは地理的に京と河内国に挟まれており、幕府管領の畠山氏や細川氏、三好氏らの内訌に常に巻き込まれるのであった。その中で、16世紀前半の当主・十市遠忠は河内国から勢力を拡大してきた木澤長政や、長政と組んだ筒井順昭らと争って勢力を拡大し、十市氏の最盛期を築き上げた。彼は武勇だけでなく歌道・書道にも通じており、やがては大和一国を手中にするのではないかと目されていたが、遠忠は道半ばで病没した。木澤長政に代わって大和に松永久秀が侵出してくると、大和最大の国人となった筒井氏は松永氏と争った。大和国内の国人達はそれぞれ松永派と筒井派に分かれて争ったが、十市氏では家中で両派に分裂。その間、十市郷には筒井派が入ったが松永派の越智氏に攻められた。その後形勢が逆転して筒井氏が優勢となったが、十市郷は3分割され、十市氏の所領は以前の1/3になってしまった。その1/3を松永派と筒井派で分け合ったため、十市氏の勢力は以前とは比べ物にならない程に没落してしまった。城は平城であり、水田の真ん中の微高地にあった。城としての遺構は何も無く、ただ石碑だけがそこに城があったことを物語っている。

●歴史●
  築城年代および築城者は不明。はじめは館であったものが次第に拡張され城になったと考えられている。

●地図● 奈良県橿原市十市町

大きな地図で 奈良県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 奈良県