ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 奈良県
新庄城
2011/12/5記
(2011/8/1訪問)

屋敷山公園内にある城址碑
●概要●
新庄城は4世紀頃に築かれた前方後円墳を利用した城であり、埋葬部分は築城の際に破壊されている。築城年は不明であるが、大和国葛下郡(現在の大和高田市や葛城市周辺)を治めていた国人・布施氏が、本拠である布施城の麓に居館として築いたと考えられている。大和国は興福寺の勢力が強い国であり、大名ではなく興福寺が守護を務めている程であった。だが、平安時代末期より興福寺内部で一乗院と大乗院が対立しており、布施氏は筒井氏と同じ一乗院門跡であったため、行動を共にすることが多かった。そのため、筒井氏が伊賀へ国替えとなると従い、布施氏の旧領には和歌山より桑山氏が入った。桑山氏は布施氏の館跡を改修して陣屋を築いたが、1682年に桑山一尹が4代将軍・徳川家綱の法会の席で勅使に対し不敬な振る舞いがあったとして改易された。現在、城跡は屋敷山公園となっている。遺構は無いが古墳の形状が残っているため、面影を偲ぶことができる。

●歴史●
鎌倉時代? 布施氏が平時の居館を築く。
1600(慶長5)年 桑山一晴が和歌山より入封。布施氏の館跡に陣屋を築く。
1682(天和2)年 勅使への不敬により桑山一尹が改易される。
1863(文久3)年 永井直壮により陣屋が櫛羅に移転される。

●地図● 奈良県葛城市南藤井(屋敷山公園)
TopPage > 奈良県