ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 奈良県
信貴山城
2011/8/7記
(2011/8/2訪問)

城址碑
●概要●
信貴山城は河内国と大和国を結ぶ要衝の地にあり、1536年に木沢長政により築かれた。長政は河内国から大和国へ勢力を拡大するため、両国に睨みの利く当地を選んだと考えられている。長政が討たれて落城後はしばらく廃城となっていたが、やがて松永久秀により改修が加えられた。現在空鉢堂のある山頂を中心に南北700m、東西550mにわたる規模であり、大和国有数の大城郭であった。山上には日本で2番目となる天守を設けるなど先進的な造りであり、織田信長のその後の築城術に大きな影響を与えたと考えられている。松永久秀も木沢長政同様に帰順と離反を繰り返しており、織田信長から離反した1577年に攻め滅ぼされ、信貴山城は廃城となった。

●歴史●
1536(天文5)年 河内国から大和国へ勢力拡大を図る木沢長政により築かれた。 
1542(天文12)年 室町幕府より追討と受け、河内太平寺の戦いで木沢長政が討死。
その後間もなく信貴山城も落城し、廃城となる。 
1559(永禄2)年 大和国で台頭した筒井順昭を牽制するため、三好長政が松永久秀を派遣する。
松永久秀は大和国経略の拠点として信貴山城を改修した。 
1568(永禄11)年 6月、三好三人衆と筒井順慶に攻められ落城する。
10月、織田信長の援軍を得て信貴山城を奪い返す。 
1577(天正5)年 謀反を起こした松永久秀は信貴山城に籠城したが、織田信長に攻め落とされた。
松永久秀は爆死により自害し、信貴山城は廃城となった。


聖徳太子像(朝護孫子寺で物部守屋討伐の戦勝祈願をした)

案内図(クリックで拡大)

●地図● 奈良県生駒郡平群町信貴畑
TopPage > 奈良県