ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 奈良県
芝村陣屋
2012/4/15記
(2011/8/3訪問)

織田小学校に残る石垣
●概要●
芝村陣屋は芝村藩の7代藩主・織田輔宜が1745(延享2)年に築いた。芝村藩は有楽斎(織田長益)が自身の3万石の領地の内、4男・織田長政に1万石を分知することにより立藩された。当初は戒重に陣屋を構えていたが、地理的に年貢徴収が不便であった。4代藩主・織田長清は岩田村(のち芝村に改称)への陣屋移転を幕府に申し出て許可を得ていたが、その頃から藩の財政が悪化したため、7代藩主・織田輔宜の頃になりようやく実現した。輔宜の時代から幕府より天領9万石の預かりを任されるようになり、藩領は10万石に達していた。預かり地の統治も順調であったため幕府から賞賛されたこともあった。だが、次第に百姓一揆や年貢減免を求める強訴などが起こるようになり、1794年には藩役人による不正が発覚したため、預かり地は全て没収されてしまった。そして幕末になるとかなりの借金を抱えるようになった。最後の藩主・織田長易は天誅組追捕の功績を挙げ、明治維新の際には新政府側についたため、維新後は高取藩と共に大和での御料の取締りを担当した。1869年の版籍奉還で長易は藩知事となったが、1871年の廃藩置県で芝村藩は廃藩となった。現在、陣屋跡地は織田小学校となり石垣が残されている。また、陣屋の表門が織田家の菩提寺である慶田寺の山門として移築現存している。

●歴史●
1615(元和元)年 有楽斎(織田長益)の4男・長政が1万石を分知され、戒重に陣屋を構えた。
1704(宝永元)年 4代藩主・織田長清が陣屋の幕府より陣屋の移転を認められたが、財政の悪化により延期となる。
1745(延享2)年 7代藩主・織田輔宜が岩田村を芝村と改称し、陣屋を移転する。
1753(宝暦3)年 年貢増徴政策に対して百姓一揆が頻発した。(芝村騒動)
1794(寛政6)年 預かり地での藩役人による不正が発覚。藩主をはじめ要人が処罰され、9万石あった預かり地は全て召し上げられた。
1871(明治4)年 廃藩置県により芝村藩は廃藩となる。


移築門(慶田寺山門)

現地説明板(クリックで拡大)

●地図● 奈良県桜井市芝
TopPage > 奈良県