ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 奈良県
西方院山城
2012/5/6記
(2011/8/5訪問)

堀切
●概要●
西方院山城は古市胤仙により1444年に築城が開始された。当時は摂津河上五ヶ関務代官職を巡って興福寺内で大乗院門跡経覚と成身院光宣が対立。経覚は越智氏・古市氏を、光宣は筒井氏をそれぞれ味方につけて武力衝突が生じている時期であった。古市胤仙は戦略上の拠点として鬼薗山に城を築こうとしたが、大乗院の境内であったため難航。その代わりにすぐ東の西方院山に築城を開始した。だが、完成間際になって鬼薗山への築城が認められたため、西方院山城は未完成のまま放置されることとなった。その後、京で応仁の乱が収まると大和国内での争乱が激しさを増し、古市澄胤は西方院山城を整備して軍を入れた。だが、その3日後に筒井順尊に攻められ落城した。城域は瑜伽神社本殿の裏にあるが、境内から城跡に入ることはできない。そのため、城跡へは奈良ホテルの駐車場から斜面を登る。城跡には堀切や空堀、土塁や土橋が明瞭に残っている。

●歴史●
1444(文安元)年 古市胤仙により築城が開始されたが、すぐ西に鬼薗山城を築いたため完成真近の状態で放置された。
1479(文明11)年 古市澄胤により城が完成するが、その3日後に筒井順尊に攻め落とされる。
1567(永禄10)年 筒井順慶と三好三人衆が多聞城の松永久秀を攻めるため陣を敷くが、逆に攻め落とされる。(東大寺大仏殿の戦い)


城の北側には池がある

土塁

●地図● 奈良市高畑町

大きな地図で 奈良県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 奈良県