ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 奈良県
片岡城
(別名・下牧城)
2012/4/8記
(2011/8/3訪問)

大堀切跡
●概要●
片岡城は戦国時代に興福寺一乗院方の片岡氏により築かれた。西に葛下川、東に滝川が流れ、この2つの川が北で合流する三方を川で囲まれた丘陵を利用している。片岡城は信貴山城の麓にあるため、1559年より大和への侵出を目指す松永久秀に再三攻められた。当時城主であった片岡春利はよく防いでいたが、1569年についに落城した。久秀は片岡城に改修を加え、シンボルともいえる大堀切はこの時に築かれた。その後、久秀が織田信長に叛旗を翻したため攻め落とされ、そのまま廃城になったと考えられている。片岡氏は豊臣秀長が大和守護となった時は郷士の地位を保たれていたが、秀長の死後に大和守護となった増田長盛が郷士の格を停止したため、片岡氏は没落した。城跡の遺構として大堀切や各曲輪、土塁などが明瞭に残っている。

●歴史●
1550年頃 片岡国春により築かれたとされる。
1569(永禄12)年 松永久秀により攻め落とされる。
1577年(天正5)年 織田信長配下の明智光秀、長岡藤孝、筒井順慶らにより攻め落とされる。

●地図● 奈良県北葛城郡上牧町下牧

大きな地図で 奈良県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 奈良県