ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 奈良県
貝那木山城
2012/5/3記
(2011/8/3訪問)

城址碑
●概要●
貝那木山城は天文年間(1540年頃)に多田延実により築かれた。多田氏は鎌倉時代はじめ頃に多田下野守経実が多田佐比山に本拠を構えたことに始まる。多田氏は次第に勢力を拡大し、福住氏、吐山氏らとともに東山内衆の有力者となった。この地は興福寺領であったが、南北朝時代に多田氏は南朝方に属し、伊勢国司・北畠氏を後ろ盾として興福寺領を侵食することで勢力を拡大した。北畠氏が幕府に屈した後は越智氏に属し、幕府方となった筒井氏や吐山氏らと激しく争った。一時は越智氏が筒井氏を滅亡寸前にまで追い詰めたが、筒井順昭が勢力を盛り返した頃、多田氏も白石庄を手に入れ、軍事・統治の拠点として貝那木山城を築き本拠とした。筒井順昭が没し、松永久秀が大和に侵出してくると多田氏は筒井氏を支え続け、やがて筒井順慶が織田信長により大和守護に任じられた。そして1580年、信長の破城令により郡山城と高取城を除き大和国内の城は破却された。その後も多田氏は筒井氏に従ったが、小田原征伐の山中城攻めで討死し、多田氏は滅亡した。


●歴史●
天文年間
(1540年頃)
多田延実により築かれた。
1580(天正8)年 信長の破城令により廃城となる。

●地図● 奈良市都祁白石町

大きな地図で 奈良県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 奈良県