ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 奈良県
宝来城
2012/5/4
(2011/8/3訪問)

安康天皇陵
●概要●
宝来城は古墳時代に築かれた安康天皇陵を室町時代に宝来氏が城として利用したと考えられている。安康天皇は453年に即位した第20代天皇で、4年在位し56歳で崩御したという。これは大草香皇子の妹を自らの弟・幼武皇子(のち雄略天皇)に嫁がせようとしたが、勘違いから大草香皇子を殺してしまった。後で勘違いと気付いたため、償いの意味も込めて大草香皇子の妃を自らの妻としたが、連れ子の眉輪王に真相が知れ、寝首をかかれて暗殺されたという。宝来氏は官符衆徒の一員であり、有力な国人であった。地理的に大和から河内に通じる大坂街道沿いにあり大和防衛の要であったが、赤沢朝経や木沢長政、松永久秀らが侵攻してきた際には抵抗も虚しく落城している。現在、天皇陵であることから宮内庁が管理しており、城跡への立ち入りはできない。

●歴史●
456年頃 安康天皇の墓として築かれる。
室町時代 宝来氏が城として利用する。
1431(永享3)年 箸尾氏の軍勢が攻め、宝来城を包囲した。
1499(明応8)年 赤沢朝経に攻められ落城。
1506(永正3)年 赤沢朝経に攻められ、再び落城。宝来九郎は戦死した。


●地図● 奈良市宝来4丁目

大きな地図で 奈良県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 奈良県