ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 長崎県
島原城
【2015/1/3更新】
2008/6/30記
(2007/8/23訪問)

復元天守
●概要●
有明海に臨み、雲仙岳の麓に位置する。天守は破風を持たず、最上階の廻縁高欄を後に戸板で囲ったため「唐造り」のようになっていた。江戸時代は島原藩の政庁であり藩主の居所であった。成立当時の島原藩は4万石であったが、石高に比べ立派すぎる城である。1876(明治9)年に天守・御殿以下建造物は悉く破脚された。現在は本丸に天守・櫓・長塀が復興され、城跡公園となっている。

●歴史●
1616(元和2)年 松倉重政が日野江城に入城。
1618(元和4)年 島原城の築城を開始。
1624(寛永元)年 島原城が完成。
1637(寛永14)年 島原の乱が起こる。
2代・松倉勝家は領内を騒乱に導いた責により江戸で斬首された。
1638(寛永15)年 高力忠房が4万石で入封。
以後、譜代大名が4家入れ替わる。
1874(明治7)年 廃城令。民間に払い下げとなる。
1876(明治9)年 天守以下建造物が破脚される。本丸は畑地となり、三の丸には学校が建ち並んだ。
1960(昭和35)年 西櫓復元。
1964(昭和39)年 天守復元。歴史資料館となっている。
1972(昭和47)年 巽櫓復元。
1980(昭和55)年 丑寅櫓、長塀復元。

●島原の乱●
島原の乱は江戸時代初期に起こった日本の歴史上最も大規模な一揆であり、島原・天草の乱とも呼ばれる。この乱は1637年12月11日(寛永14年10月25日)勃発、1638年4月12日(寛永15年2月28日)終結とされている。島原半島と天草諸島で過重な年貢に加え、飢饉の被害も加わり両藩に対して起きた乱である。キリシタンの宗教戦争として語られることも多いが、それは一面でしかない。一揆には有馬・小西両氏の浪人と土着領主である天草氏・志岐氏なども加わっており、農民の一揆というイメージは正確ではない。

1614(慶長19)年に入封した松倉重政は、過重な年貢の取立てを行ない、厳しいキリシタン弾圧を始める。次代の松倉勝家も圧政を継承し、さらに過酷な取立てを行った。これらは残虐を極めた。天草を治めていた唐津藩主・寺沢広高、次代の寺沢堅高も島原同様の圧政とキリシタン弾圧を行なった。

島原では旧有馬氏の家臣の下に組織化。1637年12月11日(寛永14年10月25日)代官・林兵左衛門を殺害し、島原の乱が勃発する。雲仙地溝帯以南の「南目」と呼ばれる地域では乱に賛成する者も反対する者も強制的に一揆軍に組み込まれた。だが、これより北の「北目」では乱への参加を強要する一揆軍を追い返し、巻き込まれずに済んだ。

天草でもこれに呼応して一揆が勃発。相次ぐ改易により大量発生していた浪人を吸収し、宗教的カリスマ性を持つ16歳の少年・天草四郎を総大将とした。富岡城や本渡城などの拠点を攻撃し、富岡城を落城寸前まで追い詰めたが、九州諸藩の軍が到着したため撤退。有明海を渡って島原半島に移動し、島原の一揆軍と合流した。その後、島原城に押し寄せたが落とせず、後詰攻撃の危険が迫ったため原城址に篭城した。その数3万7千人であった。

幕府は乱を鎮圧するため、まず御書院番頭(将軍の親衛隊長)である板倉重昌を派遣した。重昌は城攻めの常道として長期包囲を行おうとしたが、九州の諸大名が従わず統制がとれなかった。幕府から筆頭老中・松平信綱が派遣されることを知り、焦った重昌は強引な力攻めを行ない戦死した。信綱は初めから兵糧攻めを行なった。さらにオランダ船に依頼して海からの砲撃を行ない、陸揚げした船砲五門を城内に撃ち込んで一揆勢を弱体化させ、落城に持ち込んだ。

最終的には原城に篭城していた老若男女3万7000人が死亡した。生き残ったのは内通者であった山田右衛門作(南蛮絵師)1人であったという。これによって島原半島南目と天草諸島はほぼ根絶され、多くの集落が無人となった。

同時代の記録はすべて反乱の原因を年貢の取り過ぎであるとしているが、松倉勝家は自らの失政を認めず、反抗的なキリシタンの暴動と主張した。幕府も以後、島原の乱をキリシタン弾圧の口実としたため「島原の乱=キリシタンの反乱」という一面的な見方が定着した。

●100名城スタンプ設置場所●
島原城天守受付
開館時間 9:00〜17:30(入館は17:00まで)
入館料金 大人540円、小・中・高校生270円
※天守・観光復興記念館・西望記念館、三館共通
休館日 12月29日、30日の2日間

鉄道 島原鉄道・島原駅から徒歩5分。
城内の駐車場 普通車320円、小型バス540円、大型バス1080円

●地図● 長崎県島原市城内1丁目

より大きな地図で 長崎県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 長崎県