ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 長崎県
梶谷城
2011/1/3記
(2007/8/23訪問)

本丸
 
●概要●
平安時代末期に松浦党の初祖源久公が築城したと伝えられている。松浦党の居城として相当長年月にわたって断続的に利用された。城は山頂部を楕円形に削平して本丸とし、南側に一段高くなった物見台跡がある。本丸の北側には、西側の大手門からのびた長さ18m、高さ5mの城壁がめぐらされている。大手門は石垣を桝型(枡形)に配し、門の南側に櫓跡がみられる。本丸の北側には、一段低くなった二の丸が配置されている。城の西側50m下位には山際にそって長さ200m、幅40mにわたって館跡があり、石壁・石塁・門などが残っている。梶谷城は、松浦党発展の跡を探るうえにきわめて重要な城跡である。(現地案内板より)

●歴史●
平安時代末期 松浦党の初祖・源久が築いた。
築城年代は1095(嘉保2)年あるいは1145(久安元)年など諸説あるが定かでない。
15世紀後半 松浦総領家は佐世保に武辺城を築いて本拠を移転し、梶谷城は支城となる。
1567(永禄10)年 平戸松浦氏の松浦隆信が惣領家の松浦親を飯盛城に滅ぼす。
梶谷城は平戸松浦氏の支城となった。
1591年頃 文禄の役に備え、対馬・壱岐・平戸を結ぶ要衝として豊臣秀吉により改修された。
1615(元和元)年 一国一城令により廃城となる。

●地図● 長崎県松浦市今福町東免

より大きな地図で 長崎県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 長崎県