ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 宮崎県
飫肥城
2008/8/5訪城
【2015/1/3更新】

復元大手門
 
●概要●
飫肥市街北部の丘陵に曲輪を幾つも並べた群郭式の平山城である。戦国初期は薩摩国の島津氏と日向国の伊東氏が激しい争奪戦を展開。最終的には豊臣秀吉の九州征伐で功をあげた伊東祐兵が飫肥の地を与えられた。以後、伊東氏の居城として廃藩置県を迎えた。明治時代に建物全てが取り壊されたが、1978(昭和53)年、樹齢100年の飫肥杉4本を用いて大手櫓門が復元された。

●歴史●
室町時代、伊東氏は都於郡城を拠点に日向国で次第に勢力を拡大。
土持氏を北に追いやり、南では島津氏と対峙していた。
1458(長禄2)年 島津氏は伊東氏の南下に備え、一族で志布志城主の新納忠続を飫肥城に入城させた。
1484(文明16)年 伊東祐尭・祐国父子が飫肥城を攻撃。以来、島津氏と伊東氏による飫肥城争奪戦が繰り広げられた。
1485(文明17)年 島津忠昌が飫肥城を奪回。伊東祐国は敗死した。
1486(文明18)年 忠続が志布志に戻され、飫肥には島津忠廉が入った。
1541(天文10)年 伊東祐国の孫・義祐が飫肥城を奪取するが、すぐに島津氏に奪回された。
1562(永禄5)年 伊東義祐が飫肥城を奪取するが、島津忠親が奪回。
1568(永禄11)年 伊東義祐が飫肥城を奪取。子の祐兵に与えた。
伊東氏は日向国内に48城を構え、日向を代表する戦国大名にのしあがった。
1572(元亀3)年 伊東義祐は木崎原の戦で島津氏に大敗。
1577(天正5)年 島津氏に追われ、伊東氏は豊後の大友宗麟を頼って亡命。
約90年間に及んだ飫肥城争奪戦は終わったかに見えた。
1588(天正16)年 伊東祐兵は九州征伐での功により、51,000石を与えられて飫肥城主に復帰。
以後、伊東氏14代の居城として明治維新を迎えた。
1684(貞享元)年 地震で大被害を蒙った。
1693(元禄6)年 大修築工事を行い、今に残る飫肥城となった。
1873(明治6)年 飫肥城内の建物全てが取り壊され、飫肥小学校が設立された。
1978(昭和53)年 飫肥杉を用いて大手櫓門を復元。

●100名城スタンプ設置場所館●
飫肥城歴史資料館
開館時間 9:30〜16:30
入館料 ・資料館のみの場合200円
・共通券:大人610円 高校生・大学生460円 小・中学生360円
(歴史資料館、豫章館、松尾の丸、小村記念館、旧山本猪平家、商家資料館など飫肥城内の有料施設全てに入館可)
休館日 12月29日〜31日

●地図● 宮崎県日南市飫肥

より大きな地図で 宮崎県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 宮崎県