ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 宮崎県
月山日和城
2007.8.24訪城
【2015.1.3更新】

高城郷土資料館
 
●概要●
この城は、今から650年前、肝属兼重が築いたもので、当時は兼重本城といわれていました。兼重は、この城に南朝方から受けた錦の御旗をひるがえし、北朝方の畠山軍と戦い孤軍奮闘しましたが、延元4(1339)年8月、力尽きて落城、兼重は高山へ退きました。その後は日向守護職の畠山直顕のものとなり、高城とよばれ、月山日和城ともいわれました。畠山氏のあと和田氏の居城となり、さらの島津氏の領となったが、明応4年(1495)伊東氏との飫肥・三俣の交換によって、伊東氏のものとなりました。都城の北郷忠相は、47年の長い間かかって、やっと伊東氏を追い払ってここを居城としました。戦国時代の終わりには伊集院氏の領有となり、庄内の乱では、この城下で激戦が繰り返されました。乱後は北郷氏のものとなりましたが、元和元年(1615)一国一城令によって、戦火を重ねたこの城も廃城となりました。南北朝の争乱から、戦国時代を経て、庄内の乱まで約260年間、三俣千町といわれた美田の要地として戦火に包まれた歴史を持つ、全国にも例のない山城です。城の構えは、後方の台地から突出した要害の地に、空堀にしきられた8城郭からなり、約4haの広さです。伊東8外城時代には、ここを中心本城として、山之口城、松尾城、梶山城、勝岡城、小山城、野々美谷城、下ノ城を支城として、扇形の雄大な構えでした。昭和10年の陸軍特別大演習には、野外統監部となり、昭和天皇がここにお立ちになり、演習をごらんになりました。
(現地案内板より)

●歴史●
元弘年間
(1331〜34年の間)
南朝方の肝属兼重によって築かれた。
1339(延元4)年 北朝方の畠山軍と戦い落城。兼重は高山へ退いた。
1495(明応4)年 島津氏は伊東氏と和睦し、飫肥と領地を交換。伊東氏は八代長門守を城主とした。
1534(天文3)年 島津氏が伊東氏の八外城奪回を図り攻撃し降伏。北郷氏が城主となる。
1594(文禄3)年 豊臣秀吉の九州征伐後、降伏派であった伊集院氏の領地となる。
1599(永禄2)年 庄内の乱後、再び北郷氏の領地となる。
1615(元和元)年 一国一城令により廃城となる。
1993(平成4)年 「高城町郷土資料館」として開館

●案内●
開館時間 930〜17:00
入館料 大人210円、高校生160円、小・中学生100円(土曜日は小・中学生無料)
休館日 毎週月曜日(祝日または振替休日の場合は翌日休館)
年末年始(12月29日〜1月3日)

●地図● 宮崎県都城市高城町大井手

より大きな地図で 宮崎県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 宮崎県