ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 宮城県
涌谷城
2016/3/6更新
2010/1/4記
(2008/8/4訪問)

模擬天守と現存隅櫓

●概要●
涌谷城は、箟岳丘陵を背に北東に深い谷をかかえ、前面は江合川の流れによって守られる天険の要害である。もともとは大崎氏一族・涌谷氏の居城であったが、豊臣秀吉の奥州仕置きにより1591年、亘理重宗が入城した。以後277年の間、涌谷伊達(亘理)氏の要害屋敷であった。天守閣は無く、邸宅風建築が並んでいた。伊達騒動で有名な伊達安芸の嫡子・宗元が、日光廟修営奉行として出張中、元禄2年9月に失火により全焼し、復興に数年を要した。1872(明治5)年に居館がすべて取り壊されたが、詰之門附近の石垣と太鼓堂が現存する。

●歴史●
1430年頃 涌谷直信が城を築いたといわれる。
1591(天正19)年 亘理重宗が入城。以後、明治に至るまで涌谷伊達(亘理)氏の要害となる。
1689(元禄2)年 失火により全焼した。
1869(明治2)年 登米県庁が置かれた。
1872(明治5)年 居館がすべて取り壊された。
1973(昭和48)年 模擬天守(涌谷町立史料館)が建てられた。

現存・太鼓堂(隅櫓)

1833(天保4)年の再建といわれ、屋根には仙台藩一門の象徴として鯱があげられている。極めて素朴な建築で、仙台藩内における楼閣建築として大変貴重な遺構である。また、この太鼓堂の下の詰之門石垣とともに涌谷館内における藩政期をしのばせる唯一の建造物である。

(現地案内板より)

●案内●
史料館(模擬天守)
開館時間 4月〜11月の9:00〜16:00
入館料 大人210円、高校生160円、小中学生100円
休館日 毎週水曜日、12月〜3月

●地図● 宮城県遠田郡涌谷町涌谷

大きな地図で 宮城県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 宮城県