ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 宮城県
岩出山城
2010/4/26記
(2010/4/24訪問)

本丸跡にある石碑

●概要●
足利氏一門で奥州探題であった大崎氏の家臣・氏家弾正が応永年間(室町初期)に築き、氏家氏が代々居城とした。当初は「岩手沢城」と呼ばれていた。1590(天正18)年の豊臣秀吉による小田原征伐に参加しなかったため、大崎氏は奥州仕置により改易。豊臣秀吉の命を受けた徳川家康が、この地に移転する伊達政宗のために榊原康政に縄張りさせて大幅に改築した。城郭は外堀をめぐらし、急峻な崖の上には土塁と内堀を備え、本丸、二の丸、三の丸も深い掘切で区画され、東西800m、南北700mの大規模なものであった。政宗が仙台に移るまでの12年の間居城とし、その後は第4子・宗泰に15,000石を与え領主とした。岩出山伊達氏は明治維新まで続いた。現在岩出山城跡にある伊達政宗の像は、元々は仙台城跡にあった。第2次世界大戦時に金属類回収令で銅像を失った仙台城に1954年に設置されたコンクリート像だが、仙台城に騎馬像が設置されることとなり、政宗が青年期を過ごした岩出山城に移設された。

●歴史●
応永年間(室町初期) 奥州探題・大崎氏により築城。
1590(天正18)年 小田原征伐に参加しなかったため、大崎氏は改易される。
木村吉清・清久父子の領地となるが、一揆が発生(葛西大崎一揆)。
1591(天正19)年 葛西大崎一揆への関与を疑われた伊達政宗は無罪とされるものの、米沢から葛西・大崎旧領に移された。この時に「岩手沢」から「岩出山」へと改められた。
1601(慶長5)年 政宗は仙台城に移った。岩出山城は政宗の4男・宗泰を初代とする岩出山伊達氏の居城となり、明治維新までつづいた。
1962(昭和37)年 伊達政宗のコンクリート像(平和像)が仙台城より移された。

伊達政宗立像(平和像)

政宗公立像は、もと仙台市青葉城址にあったもので、昭和39年9月仙台市から岩出山へ寄贈されたものです。戦後空になった台座に、小野田セメント会社が彫刻家柳原義達氏に託し製作し仙台市に寄贈されたもので、平服を着ているところから平和像と呼んでいます。

<現地案内板より抜粋>


城山公園案内図

本丸

二の丸から見た本丸

●地図● 宮城県大崎市岩出山町

大きな地図で 宮城県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 宮城県