ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 宮城県
船岡城
2010/4/27記
(2010/4/24訪問)

船岡城遠景

●概要●
1200年に芝田次郎が宮城四郎家業に攻められたと「吾妻鏡」に記されており、それ以前からあったと思われる。四保氏、屋代氏と主が代わり、近世に入ると伊達家家老の原田氏が城主となる。1671年の伊達騒動の首謀者の1人とされた原田甲斐は伊達家家臣に惨殺され改易。代わって柴田氏が領主となり明治維新まで続いた。中世は要害堅固な山城であったが、近世に入ると城としての機能も薄れ、山頂付近の本丸、二の丸はほとんど使用されず、城下町に近い三の丸に領主の居館や政庁が移された。明治なると廃城となり、多くの建物が壊された。現在では三の丸に残る土塁や古井戸、枡形だった詰の門の坂の形状のみが城郭の面影を残している。伊達騒動を題材とした「樅の木は残った」のモチーフとなった樅の木も城郭の一角に残されている。現在は「船岡城趾公園」として整備され、山頂には船岡観音や原田甲斐の慰霊碑などがある。ふもとにある「白石川堤の一目千本桜」とともに、宮城県で唯一「日本さくら名所100選」に選ばれている。

●歴史●
1200(正治2)年頃 芝田次郎が居城とし、宮城小四郎家業によって追討を受けたと「吾妻鏡」に記載。
1615(元和元)年 原田宗資の居城となる。
1671(寛文11)年 原田甲斐(宗輔)が寛文事件(伊達騒動)で斬死。原田氏は断絶となる。
1681(天和元)年 柴田宗意が5000石を拝領し居城とする。
1694(元禄7)年 柴田氏は三の丸に居館を築造した。
1970(昭和45)年 リフトカーが設置された
1996(平成8)年 老朽化したリフトカーに代わり、スロープカーが運行を開始した。


本丸にある船岡平和観音

三の丸から本丸に登るスロープカー

三の丸

本丸の周りには小曲輪がいくつもある

伊達騒動

騒動は三期に分類される。

綱宗隠居事件(1660年)
 仙台藩3代藩主・伊達綱宗は遊興放蕩三昧であったため、叔父にあたる一関藩主・伊達宗勝がこれを諌言したが聞き入れられなかった。このため宗勝は親族大名であった岡山藩主・池田光政、柳川藩主・立花忠茂、宮津藩主・京極高国と相談の上、老中・酒井忠清に綱宗と仙台藩家老に注意するよう提訴した。それでも綱宗の放蕩は止まず、ついに1660(万治3)年7月9日に家臣と親族大名の連名で綱宗の隠居を幕府に願い出た。7月18日、幕府より綱宗は21歳で強制的に隠居させられ、わずか2歳の伊達綱村が4代藩主となった。

寛文事件(1671年)
 一般に伊達騒動と呼ばれるのは、この寛文事件を指す。綱村が藩主になると、大叔父にあたる宗勝が後見として実権を掌握した。宗勝は家老の原田甲斐宗輔らと藩権力の集権化を行い、地方知行制を維持しようとする伊達氏一門と対立。一門の伊達安芸宗重と宗勝の甥にあたる伊達式部宗倫の所領紛争が起こると伊達安芸は幕府に一件を上訴する。1671(寛文11)年3月27日、騒動の裁判を行うため大老の酒井忠清邸に原田甲斐や伊達安芸ら関係者が召喚される。原田甲斐はその場で伊達安芸に斬りかかって殺害。だが、原田甲斐も安芸派の柴田外記朝意と斬り合いになった。原田甲斐は柴田外記によって斬られ、柴田外記もその日のうちに原田甲斐からの傷が元で死亡した。関係者が死亡した事件の事後処理では原田家や兵部派が処罰されるが、藩主・綱村は幼少のためお構い無しとされ、伊達家は守られる事となった。

綱村隠居事件(1697年)
 寛文事件が落着し、藩主としての権力を強めようとした綱村は、次第に側近を藩の重職に据えるようになった。これに不快感を示した伊達一門と旧臣は、綱村に諌言したが聞き入れられなかった。このため1697(元禄10)年、一門7名と奉行5名の計12名の連名で幕府に綱村の隠居願いを提出しようと試みた。これに対し、伊達家親族の高田藩主・稲葉正往は隠居願いを差し止めた。その後も再三にわたり一門・家臣の綱村に対する諌言書の提出が続いた。1703(元禄16)年、この内紛が5代将軍・徳川綱吉の耳に達し、仙台藩改易が危惧されるようになった。このため老中となっていた稲葉正往は、綱村に状況を説明して隠居を勧告した。これに促され綱村は幕府に対し隠居願いを提出。綱村には実子が無かったため従兄弟の伊達吉村が5代藩主となった。綱村の隠居でようやく騒動に終止符が打たれた。

●地図● 宮城県柴田郡柴田町船岡

大きな地図で 宮城県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 宮城県