ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 三重県
鵜殿城
2013/1/5
(2011/7/31訪問)

土塁で囲まれた本丸
●概要●
鵜殿城の築城年代や築城者は不明だが、室町時代初期にはすでに鵜殿氏が居城としていた。鵜殿氏は熊野別当・湛増の子が鵜殿に移り鵜殿姓を称したことに始まったとされる。湛増は平安時代末期から鎌倉時代初期の人物であるため、築城もその頃と考えられる。庶流の一部は三河に移り、徳川家康に仕えている。当地の鵜殿氏は新宮速玉大社の社家として社寺から年貢の徴収・収納を請け負っていた。また、熊野川流域の材木などの交易により巨利を得ていた。室町時代初頭は南朝方であったが、1382年に北の有馬氏らとともに北朝方に寝返ったため対岸の新宮を本拠とする堀内氏などの南朝勢力に攻められた。その後、戦国時代になると鵜殿氏は堀内氏と姻戚となり行動をともにした。両氏は熊野川河口にそれぞれ城を構えており、熊野水軍の中核を担っていたと考えられる。堀内氏が関ヶ原の戦いで西軍についたため一時所領を失い、その後の消息は不明だが、大坂の陣では堀内主水に従って豊臣方についた。夏の陣が終わり大坂城を退去する時に徳川家康の孫娘で豊臣秀頼の正室であった千姫一行に遭遇。堀内主水と仲の良かった徳川方の坂崎直盛同行のもと徳川家康の陣に千姫を送り、その功により鵜殿氏は旧領1500石を回復した。以後は紀州藩に属し、鵜殿氏の家系が途絶える元禄末(1700年頃)まで続いた。城跡は矢淵中学校の東隣にある丘陵上にあり、熊野川河口から対岸の新宮を見渡すことができる。遺構は土塁や堀切の跡が明瞭に残る。登城口は東側のふるさと歴史館と西側の矢淵中学校脇にある。

●歴史●
1382年
(北:永徳2、南:弘和2)
鵜殿氏は有馬氏らとともに北朝方に転じる。
1454(享徳3)年 鵜殿氏と有馬氏が阿田和で合戦。
1600(慶長5)年 関ヶ原の戦いで堀内氏とともに西軍につく。
1615(慶長20)年 大坂夏の陣で大坂城から退去する際、千姫を徳川家康の陣に送り届けた功により鵜殿に所領を回復。


空堀

現地説明板

●地図● 三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿

大きな地図で 三重県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 三重県