ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 三重県
高岡城
2012/6/9記
(2011/7/30訪問)

鈴鹿川越しの遠景
●概要●
高岡城は神戸氏の家老・山路弾正により築かれた。鈴鹿川を天然の堀とし、城跡からは鈴鹿市街から伊勢湾まで見通すことができる。高岡城は神戸利盛が神戸城を築き、沢城から本拠を移したことに連動して築かれたと思われる。この頃の神戸氏は北畠氏に仕えており、北西へ勢力を拡大しようと本家筋の関氏や六角氏と争っていた。だが、1559年に神戸利盛が没して神戸具盛が家督を継ぐと方針が変わり、関氏や六角氏との関係を修復した。1567年からは織田信長が北伊勢に侵攻し、周囲の豪族達は次々に降伏したが、神戸氏は抵抗を続けた。そのため高岡城も織田軍に包囲されたが、城主の山路弾正はよく防いで落城しなかった。翌年再び織田軍が攻め寄せ、この時も落城しなかった。この戦いは主家である神戸氏が織田信長の3男・信孝を養子に迎えることで和睦した。だが、具盛と信孝は仲が悪く、このことが露見したため織田信長により具盛は隠居させられた。このことに憤った山路弾正は、平野城主の伊東茂右衛門とともに神戸城を奪還しようとしたが事前に計画が漏れ、信孝により粛清された。その後の高岡城は信孝の異父兄・小島兵部が城主となった。現在城跡は公園として整備されており、土塁等が残る。

●歴史●
弘治年間
(1555〜58年の間)
神戸氏の家老・山路弾正により神戸城の支城として築かれた。
1567(永禄10)年 織田信長が攻め寄せたが落城しなかった。
1568(永禄11)年 再び織田信長が攻め寄せたが、この時も落城しなかった。
1571(元亀2)年 山路弾正は神戸城奪還を企むが、事前に発覚したため自刃した。
神戸信孝の異父兄・小島兵部が高岡城主となった。
1582(天正10)年 小島兵部が神戸城主となり、高岡城は廃城となった。


公園入口

城址碑

土塁

鈴鹿川越しの展望

●地図● 三重県鈴鹿市高岡町
TopPage > 三重県