ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 三重県
正法寺山荘
2012/6/5記
(2011/7/30訪問)

中央土壇と排水溝
●概要●
正法寺山荘は戦国時代に亀山城主・関盛貞により築かれた。羽黒山を背景に三方を小野川に囲まれており、正法寺山荘が築かれる前は城であったという。関氏は伊勢平氏の末裔で、鎌倉時代に関実忠が伊勢国鈴鹿郡関谷を領有し、関姓を称したのが始まりとされる。亀山城を本拠として神戸城、国府城、峯城、鹿伏兎城を一族で支配して関五家と呼ばれ、北伊勢随一の勢力を誇った。正法寺山荘は居館を兼ねた寺院であり、連歌師・宗長や栄世などが招かれて歌会や茶会などが催されたという。関氏は織田信長が伊勢に侵攻すると降伏し、蒲生氏郷の配下となった。そのため、氏郷が会津へ移封するとそれに従って白河城へ移った。正方寺山荘にあった5つの寺も次々と廃寺となったが、瑞光寺だけは移転・再興されて関氏の菩提寺となっている。跡地は土塁や堀、排水溝や石積みなどが良好に残っている。また、桜が200本ほど植えられており、花見の名所となっている。

●歴史●
永正年間
(1504〜21年の間)
亀山城主・関盛貞により築かれた。
1590(天正18)年 関一政が主君・蒲生氏郷に従って白河城へ移る。


虎口

土壇

土壇

案内図(クリックで拡大)

●地図● 三重県亀山市関町鷲山
34.86623,136.391

大きな地図で 三重県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 三重県