ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 三重県
尾呂志城
2013/1/5記
(2011/7/31訪問)

的石
●概要●
尾呂志城は室町時代に入鹿氏の一族・尾呂志氏が築いたと伝わる。尾呂志城のあった尾呂志地区は冬の季節風が厳しい地区であり、城のあった場所が特に風が強かったという。当初は現在の役場支所の場所に築かれたが、4代目の尾呂志孫三郎が尾呂志学園(小中学校)の場所に移転したという。尾呂志氏は新宮の堀内氏に仕えており、最盛期には堀内氏の家老として1600石を領していた。だが、堀内氏が関ヶ原の戦いで西軍についたため領地を失い、田中筑前守のち藤堂高虎に仕えたという。江戸時代に尾呂志の住人・孫九郎の猟犬が殿様を手負いの猪から救い、これが紀州犬の祖となったとする伝承がある。城の遺構は小学校の片隅に土塁が、小学校前の道路脇に的石と呼ばれる石垣の一部が残っている。

●歴史●
室町時代
(1480年頃)
尾呂志氏により築かれた。
永禄年間
(1558〜70年の間)
尾呂志孫三郎が古城から新城へ城を移した。


尾呂志学園

付近の道端にある説明板

●地図● 三重県南牟婁郡御浜町上野

大きな地図で 三重県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 三重県