ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 三重県
百地丹波城
2013/1/12記
(2011/8/5訪問)

説明板と城址碑(説明板城址碑
 
●概要●
築かれた年代は不明だが、1544年の史料には記載がある。伊賀は単独の支配者が不在の時代が長く、小勢力がお互いに争ったり合議したりしてきた。忍者で有名な伊賀では百地氏、千賀地氏(服部氏)、藤林氏が上忍三家として有力であった。三家とも詳細は不明だが、家紋の矢ちがい矢羽根が共通しており、同族である可能性がある。有名な百地三太夫でさえ百地丹波守と同一人物という説や丹波守の孫だという説などがあり不明な点が多い。これは江戸時代に書かれた忍術書「萬川集海」に「人知ることなくして功者なるを上忍」とあり、忍者としては当然の事なのかもしれない。1579年に織田信雄が伊賀に侵攻した第一次天正伊賀の乱やその2年後に織田信長による第二次天正伊賀の乱で陣頭指揮を執っていたと伝わっているが、柏原城開城後の消息は不明である。この乱以後、地元では「百地」の発音が「血」を連想させるということで、「ももじ」と発音されるようになった。城砦は丘陵の地形を利用し、東西に約250m、南北に約60mに渡って4つの郭を連ねている。本丸は土塁が高く、南北に屈曲した虎口を設けており特に防御に適した構造になっている。

●歴史●
1544(天文13)年 史料に「喰代のもも地殿」と記載があり、この頃までには伊賀の有力者となっていた。
1579(天正7)年 織田信雄による第一次天正伊賀の乱で、織田軍を退ける。
1581(天正9)年 織田信長による第二次天正伊賀の乱で落城。その後の百地丹波守の消息は不明。


丸形池。堀の跡か?

南虎口

本丸は高い土塁で囲まれている

北虎口

説明板2

説明板3

●地図● 三重県伊賀市喰代

大きな地図で 三重県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 三重県