ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 三重県
茂福城
2011/11/1記
(2011/7/30訪問)

城址碑と土塁
●概要●
室町時代初期の応永年間(西暦1400年頃)に、平維茂の子孫である平貞冬が越前国での戦乱を避けて伊勢に移り、城を築いたとされる。貞冬は朝倉氏を名乗ったが、越前守護の朝倉氏は源氏の末裔であるため、同族ではない。伊勢朝倉氏は更に保々西城や市場城を築いて勢力を拡大し、関氏や田原氏と激しく争った。その後、織田信長が伊勢に侵攻すると激しく抵抗した。だが、茂福城主・朝倉盈豊が滝川一益に長島城へ招かれ謀殺されると、茂福城は攻め落とされた。戦後、一益は山口氏を城に置いたという。現在、城跡はほぼ消失しているが、近鉄の線路沿いにわずかに主郭の北西部分が残存している。

●歴史●
応永年間
(1394〜1428年)
平貞冬が越前での戦乱を避けて伊勢に移り、城を築いたのが始まりとされる。
貞冬はこの地で朝倉姓を名乗るようになった。
1567(永禄10)年 城主・朝倉盈豊が滝川一益に謀殺され、茂福城は落城した。

●地図● 三重県四日市市茂福町
TopPage > 三重県