ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 三重県
松ヶ島城
2011/10/9記
(2011/7/30訪問)

天守台とみられる土盛と城址碑
●概要●
松ヶ島城はもともとは北畠具教が織田信長の侵攻に備えて築いた細首城が始まりであった。当時は海岸線がすぐ近くにあり、参宮古道も近くを通るなど交通の要衝であった。織田信長が伊勢を支配下に収めると織田信雄が北畠氏の養嗣子となり伊勢に入った。はじめは田丸城を築いて本拠としていたが、火災で焼失したのを機に細首城を5層の天守を持つ近世城郭として大改修し、松ヶ島城と改名した。その後、本能寺の変で織田信長が討たれると羽柴秀吉と織田信雄の間で対立が生じ、小牧・長久手の戦いへと発展した。その際に伊勢にも羽柴軍が攻め寄せ、松ヶ島城は落城した。戦後は羽柴秀吉の家臣・蒲生賦秀が松ヶ島城の城主となった。蒲生賦秀は松ヶ島城主時代に「氏郷」と改名。松ヶ島城は海に近く手狭で統治に向かないことから、新たに四五百森に松阪城を築いた。松阪城が完成すると住民を強制的に移転させ、松ヶ島城は廃城となった。現在、遺構らしいものといえば水田の真ん中に高さ5m程の土盛りがあるだけである。この土盛りは「天守山」と呼ばれており、金箔を押した瓦が出土していることから天守台の跡と考えられている。

●歴史●
1567(永禄10)年 織田信長の伊勢侵攻に備えて北畠具教が細首城を築き、日置大膳亮を城主とした。
1569(永禄12)年 織田信長が伊勢に侵攻。日置大膳亮は細首城を焼き捨て、大河内城に籠城した。
1580(天正8)年 田丸城が焼失。織田信雄は細首城を大改修し、松ヶ島城と改名して本拠とした。
1584(天正12)年 織田信雄が羽柴秀吉が対立。秀吉軍に攻められて落城した。
1590(天正16)年 蒲生氏郷が松阪城を築いて城下町ごと移転。松ヶ島城は廃城となった。

●地図● 三重県松阪市松ヶ島町城之腰

大きな地図で 三重県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 三重県