ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 三重県
楠城
2012/12/24記
(2011/7/30訪問)

城址碑と説明板
●概要●
楠城は楠木正成の子孫により14世紀に築かれたとする説がいくつかある。1つは楠木正成の異腹の子・諏訪十郎正信が1358年に信濃から来て伊勢国司・北畠顕家に仕え、中島4郡を与えられて城を築いたとするもの。それとは別に楠木正成の3男・正儀の子・正勝を祖とし、その子・正顯が北畠氏に仕えて城を築いたという説もある。楠城主は室町幕府の追手を避けるため川俣氏を称していた時期もあるが、応仁の乱が終わる頃からは楠姓を称するようになった。戦国時代になると織田信長が伊勢に侵攻したが、その頃の楠氏は楠正具が神戸氏に仕えていた。正具は織田軍を翻弄し武名を轟かせた。だが、伊勢の諸氏が次々と織田軍に降り、北畠具教が降伏すると正具は伊勢を逃れ、石山本願寺に入り織田信長への抵抗を続けた。正具が去った後は織田信長の命により正具の娘婿・正盛が城主となった。正盛は北畠信雄に仕え、小牧・長久手の合戦の際に美濃・加賀野井城で討死した。城跡には遺構は何も無いが、城址碑と説明板が設置されている。田んぼの真ん中に明治40年に植えられた大きな楠があるため場所は分かり易い。

●歴史●
1355〜1370年頃 楠木正成の末裔が北畠氏に仕え、楠城を築いたとされる。
1443(嘉吉3)年 楠木正威が禁闕の変に加わり討死。以後楠木氏は川俣姓を名乗る。
1567(永禄10)年 織田信長が伊勢に侵攻。楠正孝は500騎で滝川一益軍を翻弄した。
1568(永禄11)年 北畠具教が織田信長の降伏したため、正孝は石山本願寺へ逃れる。
正孝の娘婿・正盛が城主となり、北畠(織田)信雄に仕える。
1584(天正12)年 小牧・長久手の戦いで正盛が討死。伊勢楠氏は滅びた。


城址碑

現地説明板(クリックで拡大)

●地図● 三重県四日市市楠町本郷

大きな地図で 三重県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 三重県