ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 三重県
木造城
2011/9/6記
(2011/7/30訪問)

田んぼの中に残された城跡の一部
●概要●
木造城は伊勢国司・北畠顕能の次男・顕俊により1366年に築かれた。顕俊は木造姓を名乗り、木造氏の祖となった。だが、本家の北畠氏が南朝派であったのに対し、2代目・俊康は京に住んで足利将軍と親したったため北朝派となり本家と対立。1429年に北畠満雅が幕府軍と戦って戦死するまで両家は争った。その後は北畠氏の有力な一門として扱われた。その後、北畠晴具の三男・具政が木造氏を継いだが、1554年に織田信長が伊勢に侵攻した際、馬揃えの馬番が田丸・河内・坂内の後であることに不満を抱き、織田信長に寝返った。織田信長の二男・信雄が北畠氏の養子となり家督を継ぐとその家臣となった。織田信長の死後、羽柴秀吉と織田信雄が対立して小牧・長久手の戦いとなったが、その際に羽柴秀吉方の蒲生氏郷に攻められ落城した。戦後、木造氏は田辺城(現・いなべ市)に城を築いて移り、木造城は廃城となった。現在、周囲は田んぼとなり、その中にポツリと残された木立の中に城址碑がある。

●歴史●
1366年
(貞治5・正平21)
伊勢国司・北畠顕能の次男・顕俊が現在の位置より300m南にしろ築いた。
顕俊は木造姓を名乗った。
1528(享禄元)年 木造俊茂が現在の位置に城を築いた。
1584(天正12)年 小牧・長久手の戦いで蒲生氏郷に攻められ落城。木造氏は田辺城に移ったため、木造城は廃城となった。


城址碑

石碑(クリックで拡大)

●地図● 三重県津市久居木造町

大きな地図で 三重県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 三重県