ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 三重県
菰野陣屋
2012/6/3記
(2011/7/30訪問)

城址碑
●概要●
菰野陣屋は織田信長が伊勢を制圧し、北伊勢を与えられた滝川一益が代官所を置いたことに始まる。滝川一益が羽柴秀吉との戦いに敗れて領地を没収されると、北伊勢は織田信雄の領地となり、土方雄久に菰野7千石が与えられた。雄久は滝川氏の代官所をそのまま使用した。土方雄久は徳川家康の暗殺を企てたとして一時菰野の地を没収されたが、関ヶ原の戦いで前田利長を東軍につけた功により許され、子の雄氏が菰野に復帰した。雄氏は代官所の跡地に陣屋を築き、そのまま移封されることもなく土方氏が明治まで菰野を治めた。当所は質素な造りで堀も櫓も無かったが、雄氏が織田信雄の娘・八重姫を正室に迎える際に「堀も無いような城の主に娘はやれぬ」と言われ急遽堀を掘った逸話が残る。また、明治元年にも同じ理由で堀と二重の隅櫓を整備している。陣屋は明治時代に取り壊されて現在は町立菰野小学校となっている。陣屋の裏門が町内の金蔵寺に移築され現存している。

●歴史●
1568(永禄11)年 織田信長が北伊勢を制圧し、滝川一益に北勢5郡を与える。一益は菰野に代官所を置き南川治郎左衛門を代官とした。
1583(天正11)年 織田信雄の家臣・土方雄久が菰野7千石の代官となる。
1590(天正18)年 織田信雄が改易されたが、雄久は豊臣秀吉の家臣として菰野に留まる。
1599(慶長4)年 雄久は徳川家康暗殺未遂により改易される。
1601(慶長6)年 雄久は関ヶ原の戦いでの功により許され、嫡男・雄氏が伊勢国菰野1万2千石の主となる。雄氏は代官所跡に陣屋を築いて菰野藩を立藩した。
1871(明治4)年 廃藩置県により菰野県庁となったが、11月に菰野県は廃され廃城となる。
1873(明治6)年 藩邸は取り壊された。


菰野小学校

小学校の北西にある堀と土塁

現地説明板(クリックで拡大)

移築門(金蔵寺) 地図

●地図● 三重県三重郡菰野町菰野

大きな地図で 三重県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 三重県