ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 三重県
羽津城
2012/5/31記
(2011/7/30訪問)

城址碑
●概要●
羽津城は上野国赤堀庄から伊勢に移ってきた藤原秀郷の子孫・田原景信により応永年間(1394〜1428年の間)に築かれた。影信は長男・羽津盛宗を羽津城に、次男・赤堀秀宗を赤堀城、3男の浜田忠秀を浜田城に配した。3人の兄弟に始まる3家は赤堀三家と呼ばれ、北伊勢では有力な国人であった。だが、織田信長が伊勢に侵攻すると周囲の千草・宇野部・稲生氏らとともに降伏した。その後、主家・北畠氏も降伏したが、信長の重臣・滝川一益は次々と在地の国人を粛清し、北畠氏の勢力を削いでいった。そして1572年、羽津近宗は茂福城主・山口四郎右衛門の招かれた所で暗殺され、城主不在となった羽津城は滝川軍により攻め落とされた。現在、本丸跡が公園となっており、土塁が残っている。

●歴史●
応永年間
(1394〜1428年の間)
田原景信により築かれた。
1572(元亀3)年 滝川一益の軍勢に攻め落とされ廃城となる。


城址碑

土塁

本丸の入口

本丸の中央真下を線路が通る

●地図● 三重県四日市市羽津山町

大きな地図で 三重県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 三重県