なぽのホームページ
ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

トップページに戻る 京都府のお城 日本100名城・続日本100名城
田辺城
●地図・アクセス● 京都府舞鶴市南田辺 2016/2/23更新(訪問日 2009/9/12)
◆概要◆
織田信長の命によって丹後の一色義道を滅ぼした細川藤孝がこの地を与えられて城を築き、丹後経営の中心としました。 隠居後は、子の細川忠興が城主となりました。 関ヶ原の戦では石田三成の誘いを退けて東軍に加勢した細川藤孝ですが、隠居していた宮津城では西軍の攻撃を防げないと考え、 田辺城に籠城して西軍1万5千人を迎え撃ちました。 西軍により包囲は50日にも及ぶ長期戦となり、弾薬が尽きた細川藤孝は「古今伝授の書」が戦火で失われることを恐れて後陽成天皇に献上しました。 細川藤孝が戦死することを恐れた後陽成天皇の仲介で包囲軍との和議が成立し、細川藤孝は敵将・前田茂勝の丹波亀山城に入りました。 戦後、細川忠興は豊後国の小倉に加増・転封され、京極高知が田辺の主となり宮津城を本拠地としました。 この時に田辺城は破壊されましたが、次男の京極高三が田辺藩を継承し、石垣の修復や櫓が再建されました。 京極氏が3代続いた後、牧野氏が1668年に入封すると、代々世襲し明治を迎えました。 現在、城跡は公園になっており、二層櫓の彰古館と城門が復興されています。


案内図
 田辺城資料館
 開館時間:9時〜17時(公園は常時開放)
 休館日:月曜日。月曜日が祝日の場合はその翌々日。祝日の翌日。12月29日〜1月3日
 入館料:無料

彰古館と城門

彰古館
トップページに戻る 京都府のお城 日本100名城・続日本100名城