ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 京都府
園部城
2011/2/12
(2008/5/3訪問)

現存櫓門
●概要●
但馬国出石城より小出吉親が1619年に国替によって入封。船井郡、桑田郡、何鹿郡そして上野国甘楽郡の約3万石を所有する園部藩が誕生した。入封直後は宍人城周辺に居館を築こうとしたが、計画を変更し小麦山周辺を居館化した。幕府より「城」と称する事を許されなかったが、小麦山の南東丘陵に居館、武家屋敷を構え、城下町の周囲には外郭線を築いた本格的な惣構えとなっていた。幕末になり京都の治安が不安定になると、藩主・小出英尚は防御を固めるため何度も幕府に陣屋の改修を申し出た。1867年10月にようやく内諾を得たが、大政奉還の為正式な許可が出ず、1868(明治元)年1月に明治政府に願い出てようやく認められた。翌年8月28日に櫓門が3ヵ所、巽櫓や小麦山の三層櫓などの櫓が5ヵ所、堀も造成し、日本で最後の「城」が誕生した。だが、2年後に廃藩置県により園部県となり県庁として利用されたが、すぐに廃止され、園部城は民間に払い下げられた。現在は京都府立園部高校の敷地となっており、櫓門、巽櫓が現存している。

●歴史●
1619(元和5)年 但馬国出石より小出吉親が入封。小麦山周辺に惣構えを持つ居館築いた。
1869(明治2)年 8月28日改修完成。櫓門が3ヵ所、巽櫓や小麦山の三層櫓などの櫓が5ヵ所、堀も造成して陣屋から城に生まれ変わった。
1871(明治4)年 廃藩置県により園部藩は廃止されて園部県となり、園部県庁となった。
1872(明治5)年 園部県はすぐに廃止され、現在まで残る建物以外は破却された。


現存巽櫓

南丹市国際交流会館(城内にあるが無関係)

●地図● 京都府南丹市園部町小桜町

大きな地図で 京都府の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 京都府