なぽのホームページ
ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。
トップページに戻る なぽのホームページ/神奈川県のお城へ なぽのブログへ
寺尾城
(横浜市鶴見区)
2017/3/21更新(訪問日 2011/9/24)

城址碑
◆概要◆
築城年は不詳だが、室町時代に信濃国の諏訪氏一族が移り居城とした。白幡神社が1435年に寺尾城主の諏訪三河守により勧請されたと伝わることから、それよりも前のことだろう。年代的には上杉禅秀の乱(1416年)から永享の乱(1438年)の間であり、鎌倉公方・足利氏と関東管領・上杉氏が激しく争った時期である。信濃から移った諏訪氏は寺尾城を本拠としたが、川崎市多摩区、埼玉県川越市にも諏訪氏ゆかりの「寺尾城」が存在した。1546年の河越夜戦では北条氏康の使者として、諏訪左馬助が古河公方・足利晴氏を訪ねる大役を果たしている。諏訪氏は5代にわたって当地を居城としており、1559年に編纂された「小田原衆所領役帳」でも良岐郡寺尾200貫文を領有していたことが記されている。その後、1569年に武田信玄が小田原城を攻めた際、諏訪右馬之助は北条軍として駿河の今川氏加勢のため不在であったが、武田軍は手を出さずに素通りしたことが「北条記」に記されている。だが、その後の寺尾城については不明であり、江戸時代にはすでに廃れていたようである。現在、主郭があったと推定される所は住宅街となっており、一角に城址碑が設置されている。そこから約100m東には殿山公園があり、空堀や土塁などの遺構がわずかに残されている。

●地図● 神奈川県横浜市鶴見区馬場

ページの一番上に戻る

トップページに戻る なぽのホームページ/神奈川県のお城へ なぽのブログへ