なぽのホームページ
ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。
トップページに戻る なぽのホームページ/神奈川県のお城へ なぽのブログへ
獅子ヶ谷城
2017/3/20更新(訪問日 2011/9/24)

横溝屋敷
◆概要◆
獅子ヶ谷城は、武田氏滅亡後から徳川家康に仕えた小田切光猶により1597年に築かれたとされる。当地は師岡郷と呼ばれ、水田に囲まれた丘を利用して築かれている。ただし、築城された年代にしては土塁や堀などの遺構が不明瞭なため、古い時代に築かれた城跡を屋敷の詰めの城としたのではないかとも考えられている。師岡の歴史を調べてみると、平安時代末期に師岡重経という人物が師岡郷を領していたことに行き当たる。師岡氏は秩父一族であり、武蔵を知行国とする平知盛(平清盛の4男)の配下であった。他の秩父一族同様、源頼朝が挙兵した際は平家方であったが、のちに源頼朝の御家人となった。だが、戦では源義経と行動することが多かったためか親しくなり、兄・河越重頼の娘が源義経に嫁いでいる。だが、源義経とともに後白河法皇からの任官を受けたため源頼朝の怒りを買っており、この時に師岡氏は所領を没収されたものと考えられる。その後に師岡郷に入ったのが武藤頼平と考えられる。武藤氏は武蔵を本拠とする藤原北家であり平知盛に仕えていたが、のち源頼朝に仕えた。武藤頼平については不詳だが、墓が師岡郷にあったことから、師岡氏の退去後に所領として師岡郷を与えられたのだろう。平家滅亡後に養子の武藤資頼が大宰府の少弐職に任ぜられて九州へ移り、肥前、筑前、豊前、壱岐、対馬の守護となって少弐氏を名乗るようになった。その後の師岡郷についてはわからない。小田切光猶の子・須猶が江戸に移る際、屋敷の一部を横溝五郎兵衛に譲り、以後横溝氏が師岡の名主となった。横溝氏の屋敷は現存しており、横浜市の市指定有形文化財第1号として無料で公開されている。横溝氏は獅子ヶ谷城のことを「御薗城」と呼んでいるため、小田切氏が入部する前は御薗氏が居城としていたのかもしれない。


横溝住宅裏山への入口(9:30〜16:30通行可)

城跡の様子

土塁
●地図● 神奈川県横浜市鶴見区獅子ヶ谷

ページの一番上に戻る

トップページに戻る なぽのホームページ/神奈川県のお城へ なぽのブログへ