なぽのホームページ
ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。
トップページに戻る なぽのホームページ/神奈川県のお城へ なぽのブログへ
作延城
2017/3/20更新(訪問日 2011/8/13)

城址碑
◆概要◆
作延城は、平安時代終わり頃に稲毛三郎重成により築かれた。稲毛重成は秩父一族であり、当初は小山田重成と名乗っていた。稲毛重成の父は小山田氏の祖・小山田有重であり、従兄弟には文武両道で鎌倉幕府創立の功臣・畠山重忠がいる。稲毛重成をはじめとする秩父氏一族は当初、源頼朝の挙兵に際しては平家方であった。だが、源頼朝が安房国で再挙すると臣従するようになり、有力な御家人となった。稲毛重成は稲毛荘を安堵されると稲毛重成と改名し、本拠となる枡形山城を築いた。作延城はその支城としてこの時に築かれたと考えられる。作延城の位置については明確でないが、江戸時代に編纂された地誌『新編武蔵国風土記稿』では延命寺の背後の山に稲毛重成の城があったとされる。東西を結ぶ矢倉沢往還(現・国道246号)のすぐ北脇に位置し、西から南を回って東へ流れる多摩川の支流・平瀬川に囲まれているため、城を築くのには適している。稲毛重成は北条政子の妹を妻に迎え源頼朝の側近として活躍したが、源頼朝の没後は北条時政により粛清された(1205年畠山重忠の乱)。作延城はこの時に廃城になったとされる。現在は緑ヶ丘霊園一帯が城域と考えられているが、遺構は残っておらず、広大な墓地内に城址碑と説明板が設置されているのみである。


霊園入口付近に城址碑の案内がある

城址碑はこの木陰にある

城址碑脇にある説明板
●地図● 神奈川県川崎市高津区下作延

ページの一番上に戻る

トップページに戻る なぽのホームページ/神奈川県のお城へ なぽのブログへ