なぽのホームページ
ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。
トップページに戻る なぽのホームページ/神奈川県のお城へ なぽのブログへ
岡崎城
2017/3/20更新(訪問日 2011/5/8)

無量寺の入口
◆概要◆
岡崎城は前期と後期の2つの時期にわたり、築かれた場所が少し異なっている。前期(平安時代末〜鎌倉時代)の岡崎城は、現在岡崎神社がある場所を中心とし、源頼朝の巧臣・岡崎義実が築いた。岡崎義実は三浦義継の4男で、地名をとって岡崎四郎義実と名乗った。岡崎義実は源頼朝が起こした石橋山合戦に参戦し、その後も源頼朝に従って行動して三浦の4棟梁(三浦・和田・佐原・岡崎)の一つに数えられる重臣となった。後期(室町時代〜戦国時代)は無量寺のある場所を中心に築かれた。1494年に三浦義同が義父・三浦時高を滅ぼして、岡崎の地にあった城跡に手を加えて居城とした。その頃、伊豆から相模へ進出していた伊勢宗瑞(北条早雲)は、小田原城を奪って相模西部を平定すると、今度は相模東部を狙った。だが、岡崎城の周囲は西海地土腐などの湿地帯で守りが堅く、攻略するのに17年の年月を要した。だが、1512年8月に攻め落され、三浦義同は弟・三浦道香の住吉城に逃れた。その後は北条氏の城となったと思われるが、廃城時期は明らかではない。無量寺の西約500mの所に岡崎義実の墓があるほか、郭や土塁、堀などが残っている。


説明板

土塁と堀

岡崎義実の墓
●地図● 神奈川県伊勢原市岡崎〜平塚市岡崎

ページの一番上に戻る

トップページに戻る なぽのホームページ/神奈川県のお城へ なぽのブログへ