なぽのホームページ
ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。
トップページに戻る なぽのホームページ/神奈川県のお城へ なぽのブログへ
枡形山城
2017/3/17更新(訪問日 2011/8/13)

城址碑
◆概要◆
枡形山城は平安時代末に小山田重成により築かれた。小山田氏は多摩郡から町田市一帯を領する秩父氏の一族で、源頼朝が石橋山で挙兵した時は秩父一族とともに平家方として戦った。だが、頼朝が安房で再起すると頼朝に仕えるようになった。その後は頼朝の主力として各地を転戦し、北条政子の妹を娶って稲毛荘を安堵され、稲毛三郎重成と名乗るようになった。重成は頼朝の重臣として活躍したが、頼朝は重成が架けた橋の落成供養の帰途に落馬したことが元で死去している。頼朝の死後、北条時政による重臣の粛清が相次ぐ中、重成は1205年の畠山重忠の乱の際に謀殺された。難を逃れた一族は讃岐へ落ち延びた。その後も枡形山城は城として使われており、1504年には伊勢宗瑞(北条早雲)が帯陣したほか、武田信玄が小田原城を攻めた際には横山弘成が守っていた。廃城時期は不明だが、状況から1590年に北条氏が滅ぼされた時だと考えられる。城は多摩川から近い台地上に築かれており、本丸跡にある展望台からの眺めはとても良い。遺構らしいものは見当たらないが、急峻な断崖に囲まれた広大な広場自体が遺構とも言える。城跡は生田緑地として整備されており、登城路は綺麗に整備されていて楽に登ることができる。


展望台

枡形門と書かれた冠木門

公園の案内図(拡大)
●地図● 神奈川県川崎市多摩区枡形

ページの一番上に戻る

トップページに戻る なぽのホームページ/神奈川県のお城へ なぽのブログへ