なぽのホームページ
ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。
トップページに戻る なぽのホームページ/神奈川県のお城へ なぽのブログへ
小机城
2017/3/10更新(訪問日 2010/7/10)

空堀
◆概要◆
築城年代は明らかではないが、15世紀頃ではないかと考えられている。その頃は上杉氏の勢力下にあった。山内上杉家の家臣・長尾景春が反乱を起こした時、景春に味方した矢野兵庫助らが立て篭もり、北方に対陣した太田道灌らと戦った。時代が下ると北条早雲に攻め落とされ、おおよそ40年ほど廃城となっていた時期がある。1524年に北条氏尭の城となり、笠原越前守信為を城代として再興した。小机は地理的に江戸と玉縄、榎下などの諸城を結ぶ位置にあり、軍事・経済の両面で極めて重要な役割を果たすこととなる。豊臣秀吉により北条氏が滅ぼされると徳川家の支配地となり、城主は近くの台村(緑区台村)に移った。このことにより小机城はその役目を終えた。城跡は第三京浜道路により東西に分断されているが、本丸、二ノ丸などの郭と、はっきりそれと分かる空堀、櫓台などが残っている。

◆歴史◆
1438〜39年 関東管領・上杉氏により築かれたとされる。
1489年 長尾景春の乱で景春方についた豊嶋氏が篭城して太田道灌が攻め落とし、一時廃城となる。
1524年 北条氏尭の城となり、笠原越前守信為を城代として再興された。
1590年 北条氏滅亡後、城主が徳川家康に仕え、附近の台村に移転したため廃城となった。

本丸の入口

二ノ丸にある櫓台

第三京浜道路が城跡を分断している

案内図
●地図● 神奈川県横浜市港北区小机

ページの一番上に戻る

トップページに戻る なぽのホームページ/神奈川県のお城へ なぽのブログへ