なぽのホームページ
ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。
トップページに戻る なぽのホームページ/神奈川県のお城へ なぽのブログへ
衣笠城
2017/3/10更新(訪問日 2011/5/3)

物見岩と城址碑
◆概要◆
前九年の役(1051〜62年)での戦功により源頼義から相模国三浦に領地を与えられた三浦氏の祖・三浦為通が、衣笠山に城を築いた。4代目・三浦義明は伊豆で反乱を起こした源頼朝を支援したが、頼朝は石橋山の戦いで平家方に敗北し、房総半島へ落ち延びた。その後、平家方の畠山重忠が衣笠城に攻め寄せ落城。城主・義明は討死し、三浦一族は房総半島へ逃れた。鎌倉時代には三浦氏の本拠地となるが、宝治合戦(1247年)で三浦氏が北条氏に滅ぼされ廃城となった。現在、曲輪跡や土塁が現存し、館跡には大善寺がある。
(現地案内板より)

山麓の右を流れる大谷戸川と左手の深山川に挟まれ東に突き出た半島状の丘陵一帯が衣笠城跡である。源頼義に従って前九年の役に出陣した村岡平太夫為通が戦功によって三浦の地を与えられ、所領となった三浦の中心地である要害堅固のこの地に、両川を自然の堀として康平年間(1058〜64)に築城したといわれ、以後為継、義継、義明の4代にわたり三浦半島経営の中心地であった。治承4年(1180)8月源頼朝の旗揚げに呼応して、この城に平家側の大軍を迎えての攻防戦は、いわゆる衣笠合戦として名高い。丘陵状の一番裾が衣笠城の大手口で、ゆるやかな坂を登って滝不動に達する。居館は水の便の良いこの附近の平場にあったと推定され、一段上に不動堂と別当大善寺がある。さらに、その裏山がこの城の最後の拠点となる詰の城であったと伝えられる平場で、金峯山蔵王権現を祀った社が存在した。また、その西方の最も高い場所が、一般に物見岩と呼ばれる大岩があり、その西が急峻な谷になっている。要害の地形を利用して一部に土塁や空堀の跡が残っている。このように、この地一帯は平安後期から鎌倉前期の山城で、鎌倉時代の幕明けを物語る貴重な史跡である。

◆歴史◆
1062年 三浦氏の祖・三浦為通が衣笠山に城を築く。
1180年 畠山重忠、河越重頼、江戸重長ら数千騎に攻められ落城。当主・三浦義明が討死。その後、安房に逃れていた源頼朝が千葉氏・上総氏を傘下に収めて再挙すると、畠山氏らは帰順。三浦氏は旧領に復帰した。(衣笠城合戦)
1247年 執権・北条氏により攻め滅ぼされ廃城となる。(宝治合戦)

土塁

曲輪跡

案内図(拡大)
●地図● 神奈川県横須賀市衣笠町

ページの一番上に戻る

トップページに戻る なぽのホームページ/神奈川県のお城へ なぽのブログへ