なぽのホームページ
ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。
トップページに戻る なぽのホームページ/神奈川県のお城へ なぽのブログへ
河村城
2017/3/9更新(訪問日 2010/6/26)

手前から茶臼郭・堀切と畝堀・小郭・本城郭
◆概要◆
平安時代末期に秀郷流藤原氏の河村秀高により築かれたと伝えられる。北は旧皆瀬川、南は酒匂川によって囲まれた通称城山と呼ばれる標高約225m、比高約130mの独立丘陵上にある。源平の戦いで河村氏は平氏側についたため、戦後所領を没収されたが、鎌倉での流鏑馬の妙技により復帰できたと『吾妻鏡』に記されている。南北朝時代には河村氏は松田氏とともに南朝側につき、新田氏とともに活躍。北朝側の足利尊氏によって鎌倉が攻められると、河村氏は新田義興とともに河村城に篭城。だが、1353年に南原の戦いで敗れ、河村氏は滅亡した。その後は畠山国清や関東管領・上杉憲実を経て、大森憲頼の城となる。北条早雲が小田原城を奪取した頃から後北条氏の支配を受けるようになったと考えられる。駿河・甲斐との国境に近く、三国同盟が破綻してからは武田信玄との小競り合いが続いた。そのため1570〜73年頃に大規模な補修がなされた。だが、1590年に北条氏が滅亡し、その時に廃城となったと考えられている。近年までみかん畑となっていたが、現在は河村城祉歴史公園として整備されており、本丸やその他の郭、畝掘などの遺構が見られる。

◆歴史◆
平安時代末期 河村秀高によって築かれたとされる
1190年 源氏と平氏の戦いで河村氏は平氏についたため、所領を没収された。鎌倉・鶴岡八幡宮で河村義秀は流鏑馬の妙技を認められ、河村郷に復帰した。
1352年 河村一族は新田義興ら軍勢4,000とともに河村城に籠城。畠山国清を総大将とする北朝軍と2年に渡る籠城戦を闘った。
1352年 3月、南岸の戦いで南朝軍は惨敗し、河村一族のほとんどは討死にした。新田義興は越後に逃れた。
1495年 伊勢宗瑞(北条早雲)が小田原城を奪取してからは、北条氏の属城となったとみられる。
1570年 1568年に甲相駿三国同盟が崩壊。翌1569年には武田信玄により小田原城が包囲された。国境にあたる河村城は武田軍の侵攻に備えて大規模な改修が行なわれた。
1590年 豊臣秀吉による小田原征伐により北条氏は滅亡。河村城での戦闘の記録はないが、この頃に廃城になったとみられる。

本城郭

本城郭と小郭の間の畝堀

本状郭と蔵郭の間に木橋

案内図
●地図● 神奈川県足柄上郡山北町山北

ページの一番上に戻る

トップページに戻る なぽのホームページ/神奈川県のお城へ なぽのブログへ