なぽのホームページ
ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

トップページに戻る 神奈川県のお城 日本100名城・続日本100名城
河村城
●地図・アクセス● 神奈川県足柄上郡山北町山北 2017/3/9更新(訪問日 2010/6/26)
◆概要◆
平安時代末期に秀郷流藤原氏の河村秀高により築かれたと伝わります。 北は旧皆瀬川、南は酒匂川により囲まれた通称「城山」と呼ばれる標高約225m、比高約130mの独立丘陵上にありました。 源平の戦いで河村氏は平氏側に味方したため、戦後領地を没収されました。 その後、鎌倉での流鏑馬の妙技により復帰できたと『吾妻鏡』には記されています。 南北朝時代に河村氏は松田氏とともに南朝側に味方し、新田氏とともに活躍しました。 北朝側の足利尊氏により鎌倉が攻められると、河村氏は新田義興とともに河村城に篭城しました。 しかし、1353年に南原の戦で敗れ、河村氏は滅亡しました。 その後は畠山国清や関東管領・上杉憲実を経て、大森憲頼の城となっています。 北条早雲が小田原城を奪取した頃からは、後北条氏の支配を受けるようになったと考えらています。 駿河・甲斐との国境に近く、三国同盟が破綻してからは武田信玄との小競り合いが続きました。 そのため1570〜73年頃に大規模な補修がなされました。 1590年にのち北条氏が滅びた時に廃城となったと考えられています。 近年までみかん畑となっていましたが、現在は河村城祉歴史公園として整備されており、本丸やその他の郭、畝掘などの遺構が見られます。


案内図

入ってすぐの所にある大きな堀

上からみると畝堀となっています

本城郭

城址碑

堀越しに見た茶臼郭

本城郭と蔵郭の間にある木橋

訪問時はまだ整備中でした

蔵郭と近藤郭の間の大きな堀
 
 
トップページに戻る 神奈川県のお城 日本100名城・続日本100名城