なぽのホームページ
ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。
トップページに戻る なぽのホームページ/神奈川県のお城へ なぽのブログへ
権現山城
2017/3/9更新(訪問日 2011/9/24)

幸ヶ谷公園
◆概要◆
権現山城は築城年は不明だが、室町時代に相模守護代・上田政盛が権現山城で挙兵したため、その頃には城として機能していた。上田氏は扇谷上杉氏の四天王の一人と言われ、1487年に始まった長享の乱(山内上杉氏との戦い)で活躍した。その功として神奈川湊を与えられたが、1505年に扇谷上杉朝良が山内上杉顕定に降伏すると、神奈川湊を返すよう命じられた。また1510年には長森原の戦いで山内上杉顕定が自刃。この状況を知った伊勢宗瑞(北条早雲)は、上田政盛を味方につけ、権現山城で挙兵させて関東進出を開始した。これが権現山の戦いの始まりである。権現山城は相模と武蔵の境にあり、扇谷上杉氏の勢力圏を二分する位置にあった。早雲は長尾景春と今川氏親からの軍勢を加えて権現山城に援軍を差し向けたが、扇谷上杉朝良と山内上杉憲房の連合軍に敗れ、10日後には権現山城も落城した。上田政盛は討死したとも早雲を頼って落ち延びたとも言われるが、消息は不明である。その後、北条氏により北西の峰に青木城が築かれ、その一部となったようである。当時の権現山城は「四方嶮岨にして切岸高く、南は洋海浸々として、雲の波、天に連なりて邊なく、北は深田の底知らず、馬の足更に立つべからず。西の方には小山の続きたる其の間を堀切」と『鎌倉九代記』に記される程の要害であったが、江戸時代末期に神奈川台場築城の土取場となったため、地形が大きく改変されている。現在は幸ヶ谷公園となっており、桜の名所として知られている。

◆歴史◆
1487〜1505年の間 長享の乱で活躍した上田政忠は相模守護代に任命され、山内上杉氏の領地であった神奈川湊(権現山城付近にあった港)を与えられた。
1505年 扇谷上杉朝良は立河原の戦いでは勝利したが、その直後に山内上杉顕定の援軍である越後守護代・長尾能景の軍勢に河越城を包囲されて降伏した。
1510年 山内上杉顕定により越中に追われていた長尾為景が越後に復帰。撤退する山内上杉顕定を長森原の戦いで討ち取った。この機を逃さず伊勢宗瑞は神奈川湊を奪われた上田政盛に権現山城で挙兵させ、関東進出を本格的に開始した。
1859年 神奈川台場築城の土取場となり、地形が変わる程の改変を受けた。

現地にある説明板

線路越しに青木城跡の本覚寺が見える
●地図● 神奈川県横浜市神奈川区幸ヶ谷

ページの一番上に戻る

トップページに戻る なぽのホームページ/神奈川県のお城へ なぽのブログへ