なぽのブログを検索
なぽのホームページを検索
なぽのホームページ

ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・

そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。

そして気が付いたら全国津々浦々(笑)

これまでに訪問したお城を紹介します。




香川県のお城
高松城(たかまつ)高松市
丸亀城(まるがめ)丸亀市
由佐城(ゆさ)高松市
現存12天守
弘前城(青森県)
松本城(長野県)
犬山城(愛知県)
丸岡城(福井県)
彦根城(滋賀県)
姫路城(兵庫県)
松江城(島根県)
備中松山城(岡山県)
丸亀城(香川県)
松山城(愛媛県)
宇和島城(愛媛県)
高知城(高知県)






丸亀城
2014/12/27更新
2008/6/9記
(2007/8/19訪問)

現存天守
●概要●
12ある現存天守(江戸時代以前に建造された天守を有する城郭)の1つ。重要文化財に指定されている。別名は蓬莱城。丸亀市街地の南部に位置する亀山を利用し、山全体が石垣で覆われたような格好をしている。60mの石垣は日本一高い。縄張りはほぼ四角形で亀山の廻りは堀に囲まれている。
城全域は国の史跡に指定されており亀山公園となっている。天守のほかに大手一の門・大手二の門・御殿表門・番所・長屋が現存。天守・大手一の門・大手二の門は国の重要文化財に指定されている。
外堀は明治頃まで周回しており、善通寺第十一師団の丸亀連隊、裁判所や小・中学校などがあった。琴平参宮電鉄の路線延長とその後の廃線や旧国道11号の整備などにより、年とともに減少。一部残されていた南側の箇所も今は埋め立てられ、外濠緑道公園として整備されている。天守の最上階からは、瀬戸大橋など瀬戸内の風景を眺めることができる。

●歴史●
室町時代初期 管領・細川頼之の重臣・奈良元安が亀山に砦を築く。
1597(慶長2)年 生駒親正が讃岐17万石を与えられ、高松城の西讃岐の押さえる支城として亀山に城を築く。
1602(慶長7)年 ほぼ現在の城郭が完成。
1615(元和元)年 一国一城令により破却の危機にさらされる。
3代藩主・生駒正俊は要所要所を樹木で覆い隠し立入りを厳しく制限。
城を破却から守った。
1640(寛永17)年 お家騒動(生駒騒動)のため4代目・生駒高俊は出羽国矢島に転封。
1641(寛永18)年 山崎家治が肥後国富岡より5万石で入封し、丸亀藩が立藩。
1642(寛永19)年 城の改修に着手。
1658(万治元)年 山崎氏、3代で無嗣断絶し改易となる。
代わって播磨国龍野より京極高和が6万石で入封。
以後、明治時代まで京極氏の居城となる。
1660(万治3)年 現在の3層3階の天守が完成。
1673(延宝元)年 32年の歳月を要した大改修が完了。
現存する石垣の大半はこの改修の際に完成したものである。
1869(明治2)年 三の丸の戌亥櫓が火災により焼失。
1877(明治10)年 櫓・城壁等の解体が始まる。
1919(大正8)年 丸亀市が山上部を借地し、亀山公園とした。
1943(昭和18)年 天守が国宝保存法に基づき旧国宝に指定。
1948(昭和23)年 外濠の埋め立てが始まる。
1950(昭和25)年 天守の解体修理。
文化財保護法施行により天守は重要文化財となる。
1953(昭和28)年 3月31日、国の史跡に指定。
1957(昭和32)年 大手一の門・大手二の門が国の重要文化財に指定される。

●100名城スタンプ設置場所●
・天守チケット売り場
・天守の休館日は丸亀市立資料館
・丸亀市立資料館の休館日は観光案内所(うちわ工房「竹」営業時間)

丸亀城天守
開場時間 天守 9:00〜16:30(入場は16:00まで)
大手一の門 10:00〜16:00
定休日 天守 年中無休(臨時閉鎖有)
大手一の門 雨天の日、毎週水曜日
入場料 天守のみ 大人200円、小中学生100円

丸亀市立資料館
開館時間 9:30〜16:30
休館日 月曜日、祝日、年末年始
入館料 無料

うちわ工房「竹」
開館時間 10:00〜16:00
休館日 水曜日、年末年始
入館料 無料

●無料駐車場●
城内駐車場 7:00〜17:00
6月〜9月は6:00〜19:00
普通車 50台
市民ひろば駐車場 8:30〜17:00 普通車 22台
丸亀城北堀端 時間指定なし 大型バス専用

●地図● 香川県丸亀市一番丁
なぽのホームページ/香川県を表示