ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 石川県
末森城
2010/5/5記
(2010/5/2訪問)

登城口

●概要●
加賀・能登・越中の国境にあり、交通の要衝であった。「末守」あるいは「末盛」とも記載される。畠山氏家臣であった土肥親真によって築かれたとされるが不明。1577年に能登制圧のため侵攻してきた上杉謙信に降伏。斎藤朝信らが末森に配されたが、その後は親真が城主として配された。1580年に加賀国の一向一揆を鎮圧した柴田勝家が侵攻してくると、再び降伏。土肥氏は前田利家の与力的な立場となった。この際に土肥親真は前田利家の妻芳春院(まつ)の姪を娶り、「末守殿」と呼ばれるようになった。土肥親真が賤ヶ岳の戦いで討死にした後は奥村永福が城主となり、1584年、佐々成政がこの城を攻めた際は死守している(末森の合戦)。この勝利により前田利家の加賀・能登・越中100万石の基礎が築かれたとされる。1615年の一国一城令により廃城となる。本丸主門は、金沢城鶴の丸南門として移築されていたが、1759年に火災で焼失。本丸等の構造物が城下の寺院などへ転用されたという記録もある。一国一城令により廃城後は木々に覆われる一方であったが、昭和60年に押水町により大規模な発掘調査が行われ、多くの歴史的資料が出土した。大河ドラマ『利家とまつ?加賀百万石物語?』で注目を浴び、登城口に石碑が建てられた。

●歴史●
築城年は不明  
1576(天正4)年 土肥親真は能登へ入った上杉謙信と和睦した。
1579(天正7)年 土肥但馬は織田信長方の長連龍に人質を出して許された。
1580(天正8)年 柴田勝家が末盛の土肥但馬を攻略。
土肥但馬は禄高2千貫であらためて末守城を預かり受けた。
1582(天正10)年 前田利家は佐久間盛政、土肥但馬の助けを受け、石動山の衆徒と結んだ畠山遺臣・温井、三宅両氏を破った(荒山合戦)。
1583(天正11)年 賤ヶ岳の戦いで利家の先鋒を務めた土肥但馬が、近江柳瀬の合戦で討死。
利家の重臣・奥村助右衛門尉永福が末森城主となる。
1584(天正12)年 豊臣秀吉と徳川家康が戦う(小牧・長久手の戦)。
利家は秀吉方、佐々成政は家康方として末森合戦が起こる。
1615(元和元)年 一国一城令により廃城となる


ここから登城口へ

本丸跡

登城口の入口にある案内図

●末森合戦●

登城口にある石碑

1584(天正12)年、越中の富山城にいた佐々成政は、加賀と能登を分断して前田利家の戦力を弱めるのに最も適した末森城を手にしようと、1万5千の大軍で攻め寄せた。宝達山系と海岸線が最も狭くなっている所に末森城はがあり、古くから加賀・能登・越中へ通じる交通の要となっていたからである。

成政は、9月8日の夜、越中の木舟城を出発。礪波の宮島から沢川を経て、津幡の牛首に入った。9月9日には先陣が吾妻野の天神山に達し、午後2時、本隊が末森城から南へ4.5kmの所にある坪井山に本陣を構えた。9月10日の朝、佐々軍は城攻めを開始。この情報が金沢城に届いたのが午後2時頃であった。越中と加賀は国境が長いため、兵力を分散していた。そのため、一点に兵力を集中させることは危険であると出陣に反対する重臣も多かったが、午後4時には金沢城を出発。津幡城に着いたのが午後9時、松任から来る利長を待って午後11時に出発し、9月11日午前4時に末森城から西へ1.5kmの所にある鯨骨山に到着した。この時末森城は二の丸まで奪われて本丸を残すのみとなっており、まさに風前の灯であった。利家軍は雨の中、海岸線から回り込んで北側にある搦め手より末森城に入り奇襲を仕掛けた。奇襲は成功し、形勢不利とみた佐々軍は退却した。

前田利家の勝利により、徳川家康と対抗していた豊臣秀吉にとっては有利な状況となった。その後、豊臣秀吉が越中の佐々成政を軍門に降し、越中は前田家の支配下となる。末森合戦こそ前田家が加賀・能登・越中100万石を支配するきっかけとなった。

●地図● 石川県羽咋郡宝達志水町竹生野

大きな地図で 石川県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 石川県