ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 茨城県
下館城
2011/6/5記
(2011/6/4訪問)

城山八幡神社

●概要●(現地案内板より)
下館の地は今から1000余年前の天慶3年(940年)、平将門が騒乱を起こした時、これを平定するため藤原秀郷(俵藤太)が上館・中館・下館の3館を築いた所であるといわれている。中館(伊佐城)はここから1.9km北方にあり、南北朝争乱の際、伊達行朝(当地出身、仙台伊達家の祖)が南朝のため籠城奮戦した史実で有名である。上館(久下田城)は同じく6.5km北方にあり、戦国時代の勇将・水谷蟠龍斎政村の居城として知られている。当・下館城は、室町時代の中ごろ文明10年(1478年)水谷勝氏が始めて築城したものである。水谷氏は以後、勝国、勝之、勝吉、治持と続いて次第に勢力を拡張し、次の6代・政村の頃は5万石を領するに至ったが、政村は下館を弟・勝俊に譲って、自分は前記・久下田城に移った。次の勝隆の代になって備中に移封となり、水戸家・頼房の長男・頼重(光圀の兄)が新たに5万石の城主として下館を賜ったが、3年後には讃岐高松12万石を賜って栄転、下館を去った。以後、増山正弥、黒田直邦とたびたび城主が代わったが、享保17年(1733年)石川総茂が2万石の城主として着任してからは、代々石川氏の領分として9代137年間この地を支配し、明治になって廃城となった。

●歴史●
940(天慶3)年 平将門の乱を制圧するため、藤原秀郷が館を築く。
1478(文明10)年 結城四天王の1人、水谷勝氏が改修して城を築く。
明治 廃城となる


城址碑

案内図(クリックで拡大)

●地図● 茨城県筑西市本城町

大きな地図で 茨城県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 茨城県