ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 茨城県
関城
2011/6/5記
(2011/6/4訪問)

南からの遠景

●概要●(現地案内板より)
関城はかつて南北朝対立争乱の時代、小田城なとともに常陸国内の宮方、南朝方の拠点として知られる史跡です。今、関館一帯8.5haの城跡には当時の土塁の一部が残り、関城と運命を共にして戦死した城主・関宗祐、宗政父子の墓や、北朝方の武将で関城攻撃で戦死した結城直朝の墓があります。ここは東西南の三方が大宝沼に囲まれ、北に壕を掘り前面大宝沼のかなたに友軍の城、下妻城を望む要害の処であり、東の空に筑波の紫峰を望み、かつて南北両軍が血を流した古戦場とはどうしても思われないような景勝の地でもあります。この城には興国2年(1341)小田城から移った北畠親房が、同4年城の陥落寸前まで留まって、小田城で書いた日本史の本「神皇正統記」に筆を加えて完成したことでも有名です。

●歴史●
鎌倉時代初頭 結城家2代当主・朝広の4男・朝泰が関荘を相続。城を築き、関姓を名乗った。
1341(興国2)年 北朝の高師冬が小田城を陥落させる直前に北畠親房を迎える。
小田城陥落後は関城が常陸国南朝方の中心地となる。
1343(興国4)年 11月に関宗祐・宗政父子が討死。関城は落城した。


城址前に立つ案内板

城址碑

●地図● 茨城県筑西市関舘

大きな地図で 茨城県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 茨城県