ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 茨城県
小田城
2011/6/10記
(2011/6/4訪問)

本丸北東部の櫓台

●概要●(現地案内板より)
小田城は12世紀末に八田知家によって築かれた。知家は常陸国の守護となり、建久4年(1193)には多気義幹を亡ぼし、常陸国南部に勢力を広めた。4代・時知に至り小田氏を名乗るようになる。鎌倉幕府が亡びると7代・治久は新政府に参加し、南朝に味方した。治久は延元3年(1338)に北畠親房を小田城に迎え、関東における南朝の中心となって活躍した。親房は城中で「神皇正統記」「藤原抄」うぃ執筆した。しかし高師冬に包囲され、翌年に治久は師冬に降り、親房は関城へ移った。戦国時代になると小田氏は佐竹氏、結城氏に攻められ、小田城の激しい争奪戦が続いた。小田氏治は永禄12年(1569)の手這坂の合戦に敗れて土浦へ逃げた。佐竹氏は梶原政景を小田城代として守らせた。政景によって小田城は大規模に改修された。慶長7年(1602)に佐竹氏は秋田へ国替されて廃城となった。小田城は本丸を中心に三重の堀と土塁に囲まれた平城で、約21haに及ぶ。本丸部分の約2ha程を八田氏の居館として出発し、次第に拡張強化された。南北朝に入ってから、居館から防御のための城郭へと転化した。戦国期の度重なる戦乱の中で戦闘用に強化された。更に梶原政景によって最終的に改修され、現在知り得る姿になって完成する。この城は平城として長所を十分発揮して巧妙に設計されている。本丸と各郭は深い堀と高い土塁で囲まれ、重要な出入口には馬出しを設けて、直接進入できないようにしてある。郭は堀によって隔てられ、橋で結ばれている。郭は外郭になるにつれて広くなるが、その中に堀や土塁を設けて、郭内の自由な移動を妨げている。郭群の外を北から東に囲む最外郭は城下町をなし、その外も堀と土塁で囲まれている。

●歴史●
1185(文治元)年 小田氏の祖・八田知家が従兄弟である大掾多気義幹を罠にはめて領地を没収。
常陸守護となり、当地に館を築いた。
1338(延元3/暦応元)年 南朝方の北畠親房が小田治久を頼り小田城に入城。以後、南朝方の中心拠点となる。
1339(延元4/暦応2)年 北畠親房が「神皇正統記」を小田城で完成させる。
1341(興国2/暦応4)年 6月、北朝の高師冬が小田城を攻めたが落城せず。
11月、高師冬は懐柔策により小田城を和議開城させたが、北畠親房は開城直前に関城に移り抗戦を続けた。師冬は和議の後、和議条件を破棄して小田氏の官位・守護職・所領を佐竹氏に与え、小田氏の勢力は衰えた。
1380(康暦2)年 小山義政の乱で小田孝朝は関東公方・足利氏満に従っていた。
小山義政の没後、子の若犬丸が反乱を起こしたが逃亡。
1387(元中4/至徳4)年 5月、小田孝朝が小田城で若犬丸を匿っている事が発覚。
7月、足利氏満は小田城を攻め、孝朝は降伏したが、その子・治朝と五郎が若犬丸を匿って難台山城に籠城。8ヶ月後に難台山城は落城し、若犬丸は逃亡。治朝は那須資之に預けられ、小田五郎は討死。
1556(弘治2)年 3月、北条氏康は結城政勝らとともに小田氏攻略の軍勢を起こす。海老ヶ島城を攻撃したのを契機に山王堂付近で激突。小田城も陥とされて家臣・菅谷氏の土浦城まで撤退した(第一次山王堂合戦・海老ヶ島合戦)
8月、小田氏治は小田城、海老ヶ島を奪い返し旧領を回復する。
1564(永禄7)年 上杉謙信は北条氏に寝返った小田氏治の討伐を開始。上杉・佐竹連合軍に敗れて小田城を陥とされ、土浦城に退いた(第二次山王堂合戦)。
1565(永禄8)年 8月、小田氏治は夜襲により小田城を奪還する。上杉謙信は小田氏討伐のため越山し、佐野で年を越す。
1566(永禄9)年 2月、上杉謙信に攻められ小田城が落城。
5月、流浪中の太田資正・梶原政景親子が小田氏治を頼り家臣となる。それぞれに城が与えられたが、間もなく両名とも佐竹氏に寝返った。
1567(永禄10)年 小田城を奪還する。
1569(永禄12)年 5月、佐竹義重は小田城を攻めるが、小田氏治が撃退する。
11月、手這坂の戦いで佐竹軍に大敗し、小田城は佐竹氏より太田資正の子・梶原景国に与えられた。以後、小田氏は小田城を奪い返すことは出来なかった。
1602(慶長7)年 佐竹義宣が関ヶ原合戦での去就を咎められ、秋田に転封。城主・小場義成も秋田へ移り小田城は廃城となった。
1997(平成9)年 発掘調査が開始される。
2014(平成26)年 中世の姿を復元し歴史広場となる予定。


堀と郭の跡がくっきり残る

櫓台から見た本丸の南東方向

2011年6月現在は公園整備の工事中であった

平面図と航空写真(クリックで拡大)

●地図● 茨城県つくば市小田

大きな地図で 茨城県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 茨城県