ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 茨城県
古河城
2009/3/15記
(2009/3/15訪問)

 本丸跡(渡良瀬川河川敷)

●概要●
古河城の起源は、平安時代の末期に、下河辺行平が古河の立崎(竜崎)に築いた城館とされている。古河城が築かれた台地は渡良瀬川とその東側に広がる沼地にはさまれ、北から南に伸びる半島状になっていた。城域の東南から南側は通行が困難な沼地であり、これらの沼地と渡良瀬川を生かした水に守られた要害であった。また、古河城は北関東および江戸・房総を結ぶ河川交通の要であった。このような地理的条件のため、中世および近世には重要視されていた。

享徳の乱(1454-82)において、関東管領上杉氏と争っていた第5代鎌倉公方・足利成氏は、1455(享徳4)年に上杉氏を援護する今川範忠に鎌倉を制圧され、下総国古河に本拠を移した。その後の成氏は「古河公方」と呼ばれ、戦国時代の関東における中心の一つとなった。

江戸時代には古河藩庁が置かれ、多くの譜代大名が入れ替わりで城主を務めた。城主は幕府の要職を務めることが多く、大老の土井利勝・堀田正俊、老中の永井尚政・松平信之・本多忠良・土井利厚・土井利位などがいた。城域は東西約0.45〜0.55km、南北約1.8km程度の広さであり、関東有数の規模であった。天守は建てられなかったが、本丸の西北出隅に建てられた「御三階櫓」が実質上の天守であった。高さは約22メートルあり、同様の構造で建てられた水戸城や佐倉城の御三階櫓、松江城の天守(約22.4m)もほぼ同じ高さである。行政機能を担うとともに、将軍の日光社参時の宿として、あるいは、江戸城の北方の守りとして機能した。

明治時代初期に廃城となり、明治末に開始された渡良瀬川の大改修の際、残された城跡の大半が消滅した。古河歴史博物館内には精密な古河城下模型が展示されており、かつての全容を知ることができる。

●歴史●
1180年頃 下河辺行平が古河の立崎(竜崎)に館を築いた。
1340年頃 北朝方の高師冬が入城。このころは足利氏の拠点であった。
1382(永徳2)年 南朝方の小山義政が来襲し、城は焼き払われた。
1386(至徳3)年 第2代鎌倉公方・足利氏満が小山義政遺児・若犬丸の乱鎮圧のため入城。
1440(永享12)年 結城合戦で結城方の野田氏行(右馬介)・矢部大炊助らが籠城。上杉清方により落城。
1454(享徳3)年 鎌倉公方・足利成氏が関東管領上杉憲忠を謀殺し、享徳の乱が勃発。
1455(享徳4)年 上杉氏救援のため駿河の今川範忠が鎌倉を制圧。足利成氏は鎌倉を放棄して古河に本拠を移した。
1457(長禄元)年 足利成氏は立崎の本城を整備して居城とした。
1471(文明3)年 山内上杉家家宰・長尾景信が来襲。足利成氏は城を放棄したが、翌年奪回。
1482(文明14)年 足利成氏と室町幕府との間に和睦が成立し、享徳の乱が終結。
1506(永正3)年 第2代古河公方・足利政氏と嫡子・高基との間に抗争が発生。高基は下野の宇都宮成綱のもとへ逃亡。
1512(永正9)年 足利高基(第3代古河公方)が入城。足利政氏は小山成長の小山祇園城へ逃亡。
1538(天文7)年 第4代古河公方・足利晴氏は、北条氏綱の支援により小弓公方・足利義明を滅ぼした。(国府台合戦)
1545(天文14)年 足利晴氏は両上杉側について河越城攻めに参加。翌年の河越夜戦にて大敗。
1552(天文21)年 北条氏康の圧力により、足利晴氏は氏康の甥である義氏に家督を譲った。
1554(天文23)年 北条氏に対抗して足利晴氏・藤氏父子が籠城したが敗れ、晴氏と藤氏は幽閉された。
1558(永禄元)年 北条氏康の圧力により、古河公方重臣・簗田晴助は、本拠地である関宿城を足利義氏に進上し、代わりに本城を居城とした。
1561(永禄4)年 関東に侵攻した上杉謙信は、簗田晴助の足利藤氏擁立を支援。藤氏、上杉憲政らが入城。
1562(永禄5)年 北条氏が本城を奪回。
1569(永禄12)年 北条氏康と上杉謙信との間に和睦が成立。足利義氏が入城し、古河公方の地位を確立。
1582(天正10)年 足利義氏没。古河公方家は断絶した。
1590(天正18)年 豊臣秀吉により北条氏が滅亡。徳川家康に従っていた小笠原秀政が入城。
1602(慶長7)年 松平(戸田)康長が城主となる。
1612(慶長17)年 小笠原信之が城主となる。
1619(元和5)年 奥平忠昌が城主となる。
1622(元和8)年 永井直勝が城主となる。
1633(寛永10)年 土井利勝が城主となる。本丸に御三階櫓、本丸御殿、二の丸御殿を造営した。
1681(天和元)年 堀田正俊が城主となる。
1685(貞享2)年 松平(藤井)信之が城主となる。
1694(元禄7)年 松平(大河内)信輝が城主となる。
1712(正徳2)年 本多忠良が城主となる。
1759(宝暦9)年 松平(松井)康福が城主となる。
1762(宝暦12)年 土井利里が城主となる。
1873(明治6)年 廃城令により城の取り壊しが決定。翌年には建造物がすべて破却された。
1910(明治43)年 渡良瀬川改修開始。城跡はほぼ消滅した。

福法寺山門

移築現存されている古河城乾門。現存する唯一の古河城建築遺構である。旧古河城内の二の丸御殿の入口にあった。1873(明治6)年の古河城取り壊しの時に檀家が払い下げを受け、寺に寄進した。唐破風造りの屋根をのせた平唐門である。両側に袖塀が付き、向かって右側に潜戸がある。

所在地:茨城県古河市中央町3-9-8(歴史博物館より古河駅寄り)

●地図● 茨城県古河市中央町
TopPage > 茨城県