ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 兵庫県
龍野城
2016/2/21更新
2008/12/29記
(2008/5/4訪問訪問)

 本丸御殿
 
●概要●
 龍野城は今から四百八十年ほど前(室町時代明応の末期)鶏籠山山頂に築かれたもので、初代城主は赤松村秀でありました。以後赤松時代は四代続きましたが、天正五年(1577)に信長の命による秀吉の播州征伐の軍門に降り開城しました。その後慶長初年に山頂にあった天守が破却されたという言い伝えがあります。
 江戸時代に入ると龍野城は現在地に平山城として築かれましたが、万治元年京極高和の丸亀城移転にさいして破却され、その後十四年間は天領となっていました。寛文十二年(1672)幕命によって信州飯田から脇坂安政が五万三千石で入部し龍野城を再建しましたが、時代は既に太平の世でもあり、また外様大名でもあったので幕府の嫌忌に触れることを恐れ御殿式の築城に決したといわれ、その為城郭というより武装化した邸宅と考えていただければよいと思います。
 現在の本丸御殿は、昭和五十四年に再建したものですが、再建にあたっては当時を偲ぶ貴重な資料や現在残る数点の古図に基づき重建したものです。(現地案内板より)

●歴史●
1499(明応8)年 豪族の赤松村秀が鶏籠山に築いた。
1577(天正5)年 広秀の時に豊臣秀吉の播州征伐で開城。
秀吉は石川光元に1万石を与えて龍野城を守らせた。
1581(天正9)年 蜂須賀正勝が城主となる。
1587(天正13)年 福島正則が城主となる。
1589(天正15)年 木下勝俊が城主となる。
1594(文禄3)年 小出吉政が城主となる。
1600(慶長5)年 池田輝政が関ケ原の合戦の功により播磨一国を与えられ、龍野城に城代を置いた。
1617(元和3)年 本多政朝が入封し、龍野藩が立藩。
1626(寛永3)年 姫路藩の本家・本多忠刻が病死したため政朝が姫路藩を継ぐ。
1627(寛永4)年 本多忠刻の甥・小笠原長次が入封。
1632(寛永9)年 小笠原長次が中津へ移封。龍野は天領となる。
1633(寛永10)年 岡部宣勝が入封し、龍野藩が再興。
1636(寛永13)年 岡部宣勝が高槻へ移封。龍野は再び天領となる。
1637(寛永14)年 京極高和が入封し、龍野藩が再興。
1658(万治元)年 京極高和が丸亀へ移封。再び天領となり城は破却された。
1672(寛文12)年 脇坂安政によって龍野城が再建された。
山頂部は放棄され、山麓居館部のみの陣屋形式の城郭になった。
1871(明治4)年 廃城となる。
1979(昭和54)年 本丸御殿、多聞櫓、埋門を再建。隅櫓を建設。


埋門(復元)

隅櫓(模擬)

●案内●
たつの市立龍野歴史文化資料館
開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日の場合はその翌日)
祝日の翌日(土日の場合は火曜日)
年末年始(12月27日〜1月4日)
入館料 大人200円、小〜大学生100円、65歳以上100円

●地図● 兵庫県たつの市龍野町上霞城
TopPage > 兵庫県