ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 兵庫県
有岡城
(別名・伊丹城)
2011/9/8記
(2011/8/4訪問)

石垣
●概要●
築城年代は定かではないが、室町時代初頭には伊丹氏が居城としていた。戦国時代になると荒木村重により攻め落とされ、大規模な改修を受けて「有岡城」と改名された。日本で最初に天守が築かれた城として有名であり、天守台の跡は伊丹駅の西にある忠魂碑の辺りだと伝わっている。荒木村重は織田信長からの信頼が厚く、摂津国守護に任じられる程であったが、羽柴秀吉とともに三木城を攻めている最中に突然有岡城に引き上げてしまった。その後、明確に反旗を翻したため織田軍により征伐されたが、謀反の理由は今もなお不明である。村重は籠城戦のさなかに単身で尼崎城へ移ったが、城主不在のまま籠城戦は続いた。だが、およそ1年経った頃に内通者が現れたため落城。村重の一族は処刑された。村重本人は尼崎城から花隈城へ移って抵抗を続けたが、最後には毛利氏のもとへ落ち延びていった。村重は本能寺の変後に堺で茶人となり、豊臣秀吉と和解して荒木道薫と号した。なお、この戦で黒田孝高が村重を説得するために有岡城を訪れたが、そのまま1年ほど幽閉されたため、足が不自由になった話は有名である。戦後は池田之助が城主となったが、4年後に美濃に移されて廃城となった。城跡は鉄道敷設のために主郭の東半分は失われてしまったが、石垣や土塁、堀、井戸の跡が現存する。

●歴史●
南北朝時代 伊丹氏により城が築かれる。
1574(天正2)年 荒木村重が大規模な改修を行い、有岡城と改称した。
1578(天正6)年 荒木村重が織田信長に対して謀反を起こした。
黒田孝高が説得に訪れたが、落城するまで幽閉された。
1579(天正7)年 落城。戦後、池田之助が城主となった。
1583(天正11)年 池田之助が美濃に転封し、廃城となった。
1891(明治26)年 鉄道を敷設する為、城跡の東側が破壊された。
1975(昭和50)年 発掘調査が開始される。その後、史跡公園として整備された。


土塁

井戸跡

堀跡

石垣

城址碑

現地説明板(クリックで拡大)

●地図● 兵庫県 伊丹市伊丹2丁目

大きな地図で 兵庫県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 兵庫県