なぽのホームページ
ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

トップページに戻る なぽのホームページ/群馬県のお城へ なぽのホームページ/日本百名城へ
内山城
●地図・アクセス● 群馬県吾妻郡中之条町折田(別名・仙蔵城) 2017/9/17(訪問日 2014/4/13)
◆概要◆
内山城は『加沢記』では仙蔵城と記載されています。 国道353線沿いにあり、コンクリート壁の間から城跡への道があります。 城内の一角に送電線の鉄塔があり、正確にはその保守用の通路です。 城は1563年頃、吾妻郡に侵攻した真田昌幸により築かれました。 吾妻郡は上杉家の家臣・斎藤氏が支配しており、その本拠である岩櫃城を攻めるための拠点でした。 岩櫃城は守りが堅く攻め落とせなかったため、真田昌幸は斎藤憲宗と和睦しました。 真田昌幸はこの時に斎藤家臣の多くを調略し、年内に真田軍が再び岩櫃城を包囲すると、内応者によりあっさり落城してしまいました。 それでも、斎藤憲宗の子・城虎丸は天険の要害である嵩山城に籠り、上杉謙信や白井長尾氏、尻高氏らの支援を受けて抵抗を続けました。 しかし、1565年にはその嵩山城も陥落し、斎藤憲宗・城虎丸は自害して、吾妻郡一帯は真田昌幸の領地となりました。 吾妻郡攻略が終わると、内山城も役割を終えて廃城になったものと思われます。


鉄塔のある山が城跡です

登城口はコンクリートの切れ目です

入口からすぐの所にあります

登城路は人の歩いた跡で何とかわかります

群馬の山城でよく見かけるカモシカ

最初に現れた堀の痕跡

鉄塔がある所も曲輪です

裏側に回り込むと堀切がありました

東側の尾根はボコボコに堀切られています

説明板の図