なぽのホームページ
ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

トップページに戻る 群馬県のお城 日本100名城・続日本100名城
館林城
●地図・アクセス● 群馬県館林市城町 2017/3/29更新(訪問日 2008/10/4)
◆概要◆
館林城は別名尾曳(おびき)城とも呼ばれ、15世紀に築かれたとされます。 その形態は、城沼を城の東側の外堀とし、この沼に突出する低台地を区切って城の中心である本丸、二ノ丸、三の丸、八幡郭南郭を置き、 これを取り囲むように稲荷郭外郭惣曲輪を構え、さらにその西方の台地に城下町を配置し、その全てを土塁と堀によって囲んでいました。 徳川四天王の一人・榊原康政が石垣や天守を持つ近代的な城に造り変えました。 また、徳川綱吉が5代将軍になってからは、将軍を輩出した徳川宗家に関わる重要な地として江戸幕府に位置づけられ、 最後の城主・秋元氏まで江戸幕府の重鎮を務めた7家の居城として栄えました。 現在は一部の遺構を残すのみで、跡地に市役所、文化会館、市立図書館、向井千秋記念子ども科学館などが建てられています。


土橋門

城址碑
トップページに戻る 群馬県のお城 日本100名城・続日本100名城