なぽのホームページ
ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

トップページに戻る なぽのホームページ/群馬県のお城へ なぽのホームページ/日本百名城へ
菅沼城
●地図・アクセス● 群馬県安中市郷原(海雲寺) 2017/9/24(訪問日 2014/5/17)
◆概要◆
菅沼城は文禄年間(1592〜96年の間)に菅沼定清により築かれました。 菅沼定清は記録に登場しない謎の人物とされ、あちこちで「菅沼定盈の一族の誰か」と書かれています。 城跡には海雲寺があり、招き猫の寺として有名です。 この招き猫はお寺の住職つながりで、豪徳寺から伝わったものだそうです。 ・・・豪徳寺と言えば井伊直政。 豪徳寺が招き猫のお寺になったのは、井伊直政の子・井伊直孝に由来します。 ということは、謎の人物とされる城主・菅沼定清は、井伊直政と深いつながりがあったと考えるのが自然だと思います。 菅沼定清の通称は「治郎右衛門」で、長篠菅沼家が代々名乗っていたそうです。 その長篠菅沼家は、武田信玄が三河に侵攻した際に家中の派閥争いに敗れ、当主と嫡男が帰農したとされます。 しかし、私が注目したのは井伊谷三人衆に名を連ねる菅沼氏です。 この家系は長篠菅沼家の庶流で、しかも代々「次郎右衛門」を名乗っていました。 1590年代の「菅沼次郎右衛門」は菅沼忠道で、井伊直政に従って箕輪に移り、家老として高崎城下の開発に尽力した人物だそうです。 菅沼忠道は関ヶ原の戦でも活躍しましたが、井伊直政の後を追うように1603年に没しました。 そして、謎の人物・菅沼定清も、関ケ原の戦以降の消息がわからないそうです。 色々と重なり合う所が多く、私はもしかしたら!なんて思います。


城跡にある海雲寺

山門脇がすでにそれっぽい地形です

塀の内側は堀跡のようです

堀跡のすぐ脇に土の壁が

裏に回ると土塁でした